« 忘れようとして(64)~統一教会と木原事件が最重要。 | トップページ | 魔女は眠らない、聖女は眠れない(41)~~~~~~~~~ 「戦艦『大和』反転の真相」深井俊之助氏(その7) »

2024年2月29日 (木)

魔女は眠らない、聖女は眠れない(40)~~~~~~~~~ 「戦艦『大和』反転の真相」深井俊之助氏(その6)

Img_20230729_160624_20240229163201

Amazon 戦艦「大和」反転の真相

 

(前回よりのつづきです)

 

「前回」と申しましても、2ケ月ぶりに、

レイテ沖海戦の話題に戻ります。

 

「ヤキ1カ(『やきいちか』と読みます)電」の謎は深まるばかりで、

深井俊之助氏の主張のように、

ねつ造であるかどうかは、私自身は何とも言えません。

 

「ヤキ1カ」電。

それは一体、何だったのでしょうか-----

 

 

Wikipediaを読みますと

~~~~~~~~~~

「ノキ5ソやヤンメ55というヤキ1カの近くで、ほぼ同時刻に敵を発見したという情報は第二航空艦隊や第六艦隊、軍令部など他部隊に伝わっている---

~~~~~~~~~~

と記されています。

 

本書「戦艦『大和』反転の真相」には、

フィリピン海域の地図と、位置を特定する

日本海軍の縦軸・横軸の記号(数字とカタカナ)が示されていますので、

それを使って、それぞれの場所を調べてみました。

更にまた他のサイトでは、「ヤル1カ」を示した電報もあったといいます。

 

ところで----

私は12月の記事で、

「米機動部隊発見という電報は、5種類ほど存在するらしい」

と書いたのですが、これだと4種にしかなりません。

“あとひとつ”は何処へいった?それが今、わからない。(苦笑)

 

※「ノキ5ソ」から。

まずこの電文の最後の文字「ソ」が

本書の地図の凡例に該当がありません。

ただ、概略の位置の判定には「ノキ」だけで十分です。

 

※「ヤンメ55

これも「メ」が本書の凡例に依りますと、

見当たらない文字で、意味不明なのです。

素人考えでは記号の「×」のことかな、などと思いましたが、

ともかく「ヤン」を位置判定に使いました。

 

2023年1130日の本シリーズ記事(その4)において、

「私はWikipedia100%正確であるとは思っていません」

と書きましたが、これがその例なのか、あるいは、

本書の図面のほうが間違っているのでしょうか。

 

※「ヤル1カ」

「他のサイトで見ました」と書きましたが、こちらのURLです、

ヤル1カと栗田艦隊 - Togetter

2016年12月のK2Wさんの「ブログ」(合ってる?)を

参照させていただきました。

 

 

「ノキ5ソ」は、問題となっている「ヤキ1カ」のすぐ近くで、

栗田艦隊との直線距離は、いずれも約100km内外。

 

「ヤンメ55」は栗田艦隊から見て、

北の方向にかなり遠方で、約500km

「ヤル1カ」はそれの更に北方で、約560kmでした。

 

栗田艦隊と最も近距離なのは「ヤキ1カ」で、

レイテ突入を中止、反転して、そちらへ向かうことを決断します。

しかし、目標とした敵艦隊は居なかったのでした。

 

ヤル1カと栗田艦隊 - Togetter

に拠りますと、「ヤル1カ」には確かに米機動部隊

(第38任務部隊 =Task Force 38)

が存在していたといいます。

そして、「ヤル1カ」電のモールス信号の受信時に、

「ヤキ1カ」と取り違えたのではないか、

(ちょうどサマール沖海戦の真っ最中で、騒音と振動が猛烈であった為)

という説を紹介されていますが、大いにあり得る事だと思います。

 

一方、「ヤキ1カ」「ノキ5ソ」については、

友軍偵察機が栗田艦隊を米艦隊と見間違えたのではないか、

という説が有力です。

現実に、栗田艦隊は日本軍機から攻撃を受け、

あわてて日章旗を掲げたということもあったとのこと。

 

いったいモールス信号の誤通信、また偵察機の誤認、

というようなことが起きる頻度は、どの程度のものだったか気になります。

 

レイテ沖海戦は終戦1年前のことですから、

このとき、既に日本軍は、

多くの熟練のパイロット・兵士を失っていたのは事実。

 

なお、私が今回初めて知ったことを。

当時の電信ですが、一旦、中継基地へ送られていたのだそうです。

ですから、60分乃至それ以上のタイムラグが生じるのは、

全く普通のことであり、

このような通信環境は日米双方に共通であったと。

 

小学生ですらスマホを持っている現在からは、

想像が出来ない状況でありました。      (つづく)

|

« 忘れようとして(64)~統一教会と木原事件が最重要。 | トップページ | 魔女は眠らない、聖女は眠れない(41)~~~~~~~~~ 「戦艦『大和』反転の真相」深井俊之助氏(その7) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

魔女は眠らない、聖女は眠れない」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 忘れようとして(64)~統一教会と木原事件が最重要。 | トップページ | 魔女は眠らない、聖女は眠れない(41)~~~~~~~~~ 「戦艦『大和』反転の真相」深井俊之助氏(その7) »