« 2020年1月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月 7日 (火)

魔女は眠らない、聖女は眠れない(18)~緊急事態宣言。

一国民として、有権者また、納税者の一人として

僭越ではありますが、

安倍首相の“資質”について若干申し上げます。

 

  1. 語学力

「募っているが募集はしていない」のような発言に象徴。

他にも、耳を疑うような妄言は多々。

  1. 行動力

北朝鮮による拉致問題は、就任時の公約とは真逆、

1ミリたりとも前進していない。

  1. 判断力

血税200億円余を使って「布マスク2枚配布」とは、

愚策の極致である。

  1. 指導力

「説明責任」「.任命責任」などと言いながら、

甘利元経済再生相、佐川元長菅、秋元衆院議員、河井議員夫妻等々、

また総理自身も含めて、何らそれを果たしていない。

  1. 虚言症、又は健忘症

「私や妻が関係していたということになれば、首相も国会議員も辞める」

と発言されたが、いまだに首相も議員もやめてはいない

 

以上述べた如く、安倍氏の首相としての資質には

甚だ問題があると考えております。

 

 

現在、コロナウイルス禍について、緊急事態宣言の発令が

今日にも、実行されるとか。

 

ただ、Web上で欧米の状況を見ておりますと、

「とっくに日本も緊急事態である」という認識でしたが。

 

 

さて、安倍首相の言うところの「緊急事態」。

 

 

国民に求められるのは、

「パニックにならず、冷静な行動」

これにつきるのではないか。

 

 

それは報道するTV局・新聞社も同様です。

 

先日驚いたのが、この記事。

首都厳戒、外出自粛開始 感染爆発防止へ正念場(共同通信)

(引用開始)~~~~~~~~~~~~~~~~

新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、東京都や首都圏などの各県が不要不急の外出自粛を求めた週末が28日、始まった。感染者が急増する都内外の人の往来を抑え、オーバーシュート(爆発的患者急増)を防ぐための異例の措置。普段はにぎわう百貨店や映画館の多くは臨時休業し、花見の名所も規制。首都は厳戒ムードに包まれた(以下略)

~~~~~~~~~~~共同通信 3/28() 5:49配信記事より引用

 

単に人出が少ないだけであるのに、

「首都厳戒」とは、いかにもひどい記事である、と思いました。

このように、人々をあおり立てる

三流週刊誌のような見出しは、使ってはいけない。

 

 

上の記事より1週間経ちました。

いよいよ「緊急事態宣言」が現実のものとなってきましたが、

“あの安倍首相”のやることだから・・・

というのが私の第一感。

 

とにもかくにも国民は「落ち着いた判断と行動」をするべきです。

及び、この世界規模のどさくさに紛れて、

トンデモない人権無視の施策が隠されていないか、

また、経済補償政策は十分か、

しっかりと注意する必要があります。

 

現在予想されるところの内容では、

諸外国のような「都市封鎖」には、ほど遠いものであるようです。

ならば、この宣言による劇的な効果は望めないのではないか。

素人の目には、「緩慢な収束」を目指しているように見えますが、

その隙に、さらなる感染拡大の危険も無いとは言えません。

 

国民への経済的支援策も最重要です。

「自粛要請」だけでは、生活できません。

しかしながら、今回の支援策にも非常に問題がありそうですね。

この「緊急事態宣言発令」と同一の

いわゆる「やってる感」が漂うだけ。

 

そんなことより、実体を伴う政策として、

「コロナ発熱外来」を別途設置するとか、

―例えば韓国のような方式で―

PCR検査をより広汎に行うとかの施策が必須でしょう。

(と書きつつも、医療従事者の方々も既に限界かもしれませんが)

 

 

安倍首相は、東京オリンピックの実施と、

憲法に手をつけることを、

自身の政治屋としての集大成にしたいと考えているようなのです。

(個人の感想です)

 

東京オリンピックは1年延期になりました。

しかし、私には「1年」という時間が、このコロナ禍が落ち着くのに

十分な時間であるとは、とても思えない。

 

もしも「中止」という結論に達したなら、

いよいよ「憲法改定」へ絞ってアクセルを踏み込むことが予想されます。

 

つまり、文字通りこのコロナ禍を「奇貨」として、

緊急事態宣言の結果の可否にかかわらず、

 

“だから憲法にも「緊急事態条項」が必要である”と

 

彼の得意とするトンデモない「屁理屈」を駆使しつつ、

「憲法改定」をより声高に叫び始めるかもしれません。

 

 

現実に戻ります。

果たして安倍晋三氏が、わが国の総理にふさわしいのか、

ここ数年考えてきました。

 

彼の発する、本日の緊急事態宣言は如何なるものか。

それに伴う緊急経済対策の中身、また

国民の不安を払拭するための検査体制はどうなるのか。

 

あわてることなく、あせることなく、騒ぐことなく

注意を怠らず、(←自分に言い聞かせています)

判断・行動していきたいものです。

 

そして・・・・

医療関係者、スーパーの従業員、

保育所、介護施設のスタッフ、

宅配便・市バスの運転手、

ゴミ収集担当者、郵便配達員…他にも大勢の方々がおられます、

この大変な時期に、

私たちの生活を支えてくださっている皆様に感謝です。

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年5月 »