« 忘れようとして(32)~沖田総司と「燃えよ剣」<4>。 | トップページ | 忘れようとして(34)~沖田総司と「燃えよ剣」<6>。 »

2019年6月 8日 (土)

忘れようとして(33)~沖田総司と「燃えよ剣」<5>。

Img_20190324_173615

(前回からのつづきです)

 

沖田総司山南敬助について、色々と書き連ねてきましたが、

さて、私が観ておりましたTV映画の「燃えよ剣」(1970年放映)では、

このシーンがどう描かれていたか、となりますと、

“忘れようとして”としてどころか、完全に忘れ切っております(笑)。

 

山南敬助が旅籠(はたご)の二階から、

追ってきた沖田総司を見つけて声を掛ける―

というパターンだったかな…

調べてみますと、山南を演じた俳優は河上一夫、とあります。

申し訳ないですが、名前もお顔もまったく記憶にありません(苦笑)。

 

 

でも、沖田総司の最期の場面は

おぼろげながら、覚えております。

 

新選組隊士の中で、沖田のように、

畳の上で生涯を終えた者は、多くはいません。

 

 

姉のお光が、

京から江戸に帰ってきた、死期の近い総司を訪ねます。

お光は実在の人物。

写真が残っていない総司とは違い、彼女の晩年の写真は存在します。

 

お光に扮した女優は、ずっと光本幸子だったと思っておりましたが、

(名前の“光”つながりのカン違いでしょうか)

この度調べてみますと、葉山葉子だったと判明。

お二人とも、当時の時代劇女優のトップスターでした。

 

 

“沖田の最期”というと、子母澤寛が「新選組物語」に著した

黒猫のエピソードがあまりにも有名です。

ご存知ない方のために、ご紹介しますと、

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

沖田総司が死ぬ三日ほど前、急に元気になって、

植木屋の庭に出たところ、見たことも無い黒猫がいる。

何を思ったか、彼はその猫を斬ろうとした。

が、どうしても斬れない。

次の日も、またその次の日も、同じことであった。

 

ついに沖田は、

「ああ、俺ア斬れない、俺ア斬れない」

と叫んだきり倒れてしまう。

ある日の昼頃、目を閉じたまま、

「ばアさん、あの黒い猫は来てるだろうなァ」

を最後の言葉にして、息を引き取った。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

かなり要約したのですが、これが子母澤寛が、

介抱していた老婆が沖田の兄夫婦に語った実話として書いた

天才剣士:沖田総司の最期です。

 

詳しい理由は存じませんが(苦笑)、

このエピソードも、子母澤による創作ではないか、

といわれています。

 

 

一方、司馬遼太郎の「燃えよ剣」では、この黒猫の話については、

“伝説”という言葉で、1行だけ記しています。

その司馬が描いた、

総司とお光との別れのシーンのごく一部を。

 

~~~~~~~~~~~~~~

「総司さん、私どもは庄内へ行きます」

といった。

総司の微笑が、急に消えた。

が、すぐいつものこの若者の表情にもどり、

「そうですか」

と布団のなかから手をさしのばした。

おそろしいほどに痩せていた。

お光はその手をみた。

どういう意味だか、とっさにのみこめなかったのである。

~~~~~~~~~司馬遼太郎「燃えよ剣」(下)『沖田総司』より

 

沖田総司の臨終の場面は、「燃えよ剣」の下巻の中でも、

最重要箇所のひとつだと思いますが、

さすがに、司馬の筆の運びは的確で無駄がなく、

それでいて、涙があふれてきます。

 

TV映画では、総司に扮した名優:島田順司の淡々とした演技が、

いっそうのこと、見る者の切なさを募らせていたように思います。

 

では、このシーン、原作に倣って、

総司がお光に手を差し出す演出があったのか、ということですが、

「たぶん」あったと思います。

よほど葉山葉子の美貌に気をとられていたようでして(笑)、

今となっては、“謎”であります。

 

ときにですが…「黒猫」は登場していません。

 

 

言うまでもなく、土方歳三は、

沖田総司にとっては兄のような存在でした。

原作本にはありませんが、

TV映画では、夜の闇に紛れ、

歳三役の栗塚旭が、フランスの陸軍服に身を包み、

総司に会いに来るシーンがあったような気がします。 (つづく)

                                                        (文中敬称略)

 

*司馬遼太郎「燃えよ剣」は、新潮文庫版から引用しました。

|

« 忘れようとして(32)~沖田総司と「燃えよ剣」<4>。 | トップページ | 忘れようとして(34)~沖田総司と「燃えよ剣」<6>。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

忘れようとして」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 忘れようとして(32)~沖田総司と「燃えよ剣」<4>。 | トップページ | 忘れようとして(34)~沖田総司と「燃えよ剣」<6>。 »