« 落穂拾い(2) ~<夢の彼方のカーテンコール> | トップページ | 忘れようとして。(28)~長崎の写真となかにし礼氏作の「少年」。 »

2018年7月31日 (火)

落穂拾い(3) ~<夢の彼方のカーテンコール>

以下、若干の補足を。

 

まず、前々回の、落穂拾い(1)で、詩の一部を引用させていただいた、

覚 和歌子氏についてです。

音楽ファンの皆様には既に御存知かと思いますが、

念の為、御参照URLをご紹介しておきます。

公式サイトがこちら。→覚和歌子氏 公認公式ファンサイト 

 

覚 和歌子氏、詩人。

上記HPによりますと、歌も歌っていらっしゃるのですね。

これは存じませんでした。

作詞をなさった、映画「千と千尋の神隠し」の主題歌の

いつも何度でも』は、大ヒットしましたので、

もう皆様も、よ~~く、お馴染みのことでしょう。

 

でも、私が真っ先に思い描く歌は、こちらですね。

平原綾香さんの『星つむぎの歌です

誰が何と言おうと、平原さんは、“てんけいイチおし”(笑)の

歌手のおひとり。

 

さて、この曲、覚 和歌子氏と、2100余名の“詩人たち”が、

言葉を紡いで完成させた、壮大な名曲。

(詳細はこちらをご覧ください。→星つむぎの歌 - Wikipedia

 

風に消えない 願いのような

星の光りで つむいだ歌を

という歌詞を聴く度に、涙が出そうになります。

 

 

あと、1曲ご紹介させてください。

覚 和歌子氏がシャンソンの訳詞をされたのが、

クミコさんによるvocalの『わが麗しき恋物語』。

 

クミコさんは、「紅白」にもご出場されました、

当代最高のシャンソン歌手のおひとりですね。

クミコさんのHPも、貼っておきます。→クミコ オフィシャルサイト 

 

実は、私、クミコさんのライブに行ったことがあります。

ブログに書くつもりが、いまだに…(苦笑)。

“いやはや、プロの音楽家という人々は、スゴいことをする人種だ”

そんな感想を抱いてしまった、素晴らしいライブでした。

 

どこがどのようにスゴくて、どう素晴らしかったのかは、

また別の機会に(爆)。

 

で、“よろしければ”ということで

例によってYouTube等のURLを貼って

終わりにします。

もし、削除されていたなら、適当に探してください(笑)。

平原綾香  星つむぎの歌 ~ - YouTube

クミコ 我が麗しき恋物語 - YouTube

 

最後に、引用させていただいた覚 和歌子氏の詩集がこちら。

機会ありましたら、御一読のほどを。

ゼロになるからだ |  和歌子 Amazon

 

(文中一部敬称略)(おしまい)

|

« 落穂拾い(2) ~<夢の彼方のカーテンコール> | トップページ | 忘れようとして。(28)~長崎の写真となかにし礼氏作の「少年」。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

本田美奈子.さん」カテゴリの記事

物語」カテゴリの記事

平原綾香さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 落穂拾い(3) ~<夢の彼方のカーテンコール>:

« 落穂拾い(2) ~<夢の彼方のカーテンコール> | トップページ | 忘れようとして。(28)~長崎の写真となかにし礼氏作の「少年」。 »