« 第13回:「てんけい」の本田美奈子.さんの妄想“新作ミュージカル”終幕~その5 | トップページ | “妄想ミュージカル”「ミケとミカ」挿入曲一覧。 »

2018年3月11日 (日)

第14回:「てんけい」の本田美奈子.さんの妄想“新作ミュージカル”終幕~その6

(第13回よりのつづきです)

 

視力を失った女の子、ミカと、ネコのミケの物語、

場面は引き続いて、ミカの部屋。

 

ずっとこの連載を読んでこられた方は、(え?いらっしゃるのかな)

御存知でしょうが、もともとこの舞台は、

「音楽朗読劇」としてスタートしました。

つまり、二人による台本の朗読で進行していき、そして

歌の場面だけは、

(この劇は、「カタログ・ミュージカル」でもあります!)

舞台中央に出て、起立して歌っていただいていました。

 

ただし、このラストの場面(「終幕~その1」)からは、

「ストレート・プレイ」、つまり、

普通の演劇のような体裁で進めています。

ですから、ステージには、

ミカの部屋を再現すべく、ごく簡単な大道具を用意しております。

 

 

前回の二人の会話は、こんなでしたね…

 

ミケ「だいじょうぶ、ミカは、やっていけるわ」

ミカ「え?どこか、行っちゃうの?」

 

つづきです。いよいよ「終幕~その6」。

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ミケ:うん…

あのね、ちょっと…わたし…

   私ね、この前、空を見上げてたら、

とっても不思議な形をした虹が出てたの。

ミカ:“虹”が…?

ミケ:今まで、見たことないような不思議な虹の橋だった。

   なんて言うかな…

あんなの見てたらね、

ちょっとあの虹の架け橋を渡ってみようかな、って

私、そんな気になっちゃった…

ミカ:え?どういうこと?

   意味わかんないよ…

もう、会えないの?

ミケ:ううん、ミカ。

   私は、音楽といっしょ。

   だから、ミカがね、歌を歌うとき、

ミケは、いつもそばにいるんだから。

ミカ:ミケ…。

   勝手過ぎるよ…

ミケ:(微笑みながら)初めて会ったとき、言ったでしょ。

   “ネコは、そもそもワガママなんだ”って。

   ミカは、あまりに沢山のものを背負込んできたからね…。

   もっと“ワガママ”でもいいんじゃないかな…。

   あ…、ごめんね、言い過ぎた?

ミカ:(うつむいたまま)……。

ミケ:ミカ…。顔を上げて。

前を向かないと進めないよ。

音楽は、きっと、ミカに未来を見せてくれるから。

   (窓の方を向いて)

だいぶ明るくなってきたわねー。

   じゃあね、ミカ。

   元気でいるのよ。

 

(机に両手をかけて立ち上がるミケ)

 

ミカ:ちょっと、待ってよ、お願い!

 

(ミケが、ミカの後ろを通り過ぎるとき、ミカの頬を

 ミケの、フレアスカートの裾がかすめる)

 

ミカ:(頬に手を当て)あ……?

ミケ:(ドアを開けながら)ミカ、行ってくるね…

ミカ:待って、ミケ…

   あなた…もしかして…

 

(あわててミカも立ち上がるが、ドアが閉まる)

 

ミカ:ミケ!待って、待ってよ!

 

(窓の方へ走り、窓を開けて身を乗り出すミカ。

 誰かの靴音が聞こえてくる)

 

ミカ:(泣きながら)ミケ~!

 

(ミケの声)

「ミカ、自分の信じた道を、真っ直ぐに進んでね!

だ・い・じょ・う・ぶ! だからね!

  ミカ!

笑顔だよ、笑顔!

 

ミカ:……ミケ…。

   (ゆっくりと、舞台中央に戻るミカ。

    やがて、顔を上げ、正面を向き、

オフマイク、思いっきり大きな声で)

 

ミカ:ありがとうーっ!

 

 

(ステージの全照明が点灯し、ミケ、上手より再び登場、

ミケとミカの二人、舞台中央で一礼。

本ミュージカルの掉尾を飾る曲のイントロがスタート。

これも、ミケとミカ、二人揃っての二重唱です)

 

 

挿入曲:『Oneway Generation

 

 

                       ―― 終 ――

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

「終幕~その6」でした。

 

この「妄想“新作ミュージカル”」を始めるときも

“勢い”に任せて書き始めましたが、

一旦、終えるにあたり、

“もう、ここらでいいかな、”って申しますか、

この辺が限度、というのが本音(苦笑)。

つまり、“なりゆき”、というところで、幕を下ろします。

 

最後の挿入曲は、

Oneway Generation』を選びました。

私の大好きな曲のひとつで、これは、はずせません。

詞と音楽、更にヴィジュアル的に、

本田美奈子.さんのvocalを含めたダンスとか、

これほど完成度の高いポップスは、そんなに多くはありません。

(ここで、この楽曲を選択するにあたっては、多くの御賛意を

いただけそうな気もするのですが…どうだろな…) (笑)

 

 

さて、ステージは、無事終演に至りました、

ここまでずっとお付き合いしてくださった皆様には、

深く御礼申し上げます。有難うございました。

 

 

*このブログに存する文章の著作権は、管理人のてんけいに属します。

|

« 第13回:「てんけい」の本田美奈子.さんの妄想“新作ミュージカル”終幕~その5 | トップページ | “妄想ミュージカル”「ミケとミカ」挿入曲一覧。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

本田美奈子.さん」カテゴリの記事

物語」カテゴリの記事

クラシカル・クロスオーバー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第14回:「てんけい」の本田美奈子.さんの妄想“新作ミュージカル”終幕~その6:

« 第13回:「てんけい」の本田美奈子.さんの妄想“新作ミュージカル”終幕~その5 | トップページ | “妄想ミュージカル”「ミケとミカ」挿入曲一覧。 »