« 熊本地震。 | トップページ | 忘れようとして(24)~再び「Again」です。 »

2016年5月11日 (水)

忘れようとして(23)~悲しさはつのるばかり。「Again」ちあきなおみさん

久しぶりですが、本田美奈子.さんについて、書いてみようかと考えています。

“考えてはいる”のですが、さて、どうなることやら(苦笑)。

テーマは、昨年の11月に発売された、アルバム『AGAIN』なのですけどね。

 

ただし、私の場合、『AGAIN』と言えば、ある鮮烈な思い出が有りまして、

いつものように、“忘れないうちに”書いておこう、ということで、 

まず、ちあきなおみさんが歌われている、

Again」について触れてみよう、と思いました。

 

以前の記事(2014/11/12)で、

これ以上の悲しい歌はない」ということで、「秋冬」を取り上げたのですが、

私の中では、この「Again」は、それと同等、またはそれ以上の

“悲しい歌”なのです。

昔、 MINAKO FAN WORLD BBSに、

少し記した記憶があるような、ないような…(苦笑)。

ともかく、いってみましょうか。

 

 

§ちあきなおみさんの「Again

Again」は、作詞:大津あきら、作曲:木森敏之

そして、ちあきなおみさんのvocalによる楽曲です。

 

ちあきなおみさんは、歌手活動を休止されてから、もう20年余となりますが、

あの不世出の大天才歌手、美空ひばりさんをして、

“歌の上手いコが出てきた、わたしも頑張らないと”

と言わせしめた、超実力派歌手。

 

さて、この歌、ちあきなおみさんの数多いレパートリーの中でも、

オンエアされる機会が非常に少ない歌です。

こんなとき、“頼りになる”のが、You Tubeというわけで、

まだ聴かれたことがない方のために、

URLを貼っておきます。→Again ちあきなおみ - YouTube

万一、このURLが削除されていたなら、

ガンバッて、検索してみてください(笑)。

 

 

ところで…この歌、実は、1985年に急性白血病で早逝された、

女優夏目さん主演の、映画『時代屋の女房』(1983)の主題歌なのでした。

夏目雅子さんは、1977年、化粧品メーカーのCMモデルとして、

鮮烈なデビューを果たし、その後、女優業に進出、

映画、TVドラマに活躍されます。

 

TVで有名なのは、『西遊記』での三蔵法師に扮してのご出演でした。

他には、『野々村病院物語』でしょうか、このドラマ、私は、

あまり、観ていなかったらしく、夏目さんの印象は特にありません。

ただ、谷村新司さんが歌われていた、主題歌『青年の樹』は大好きでした。

 

映画作品では、主役を務められた、後年の3本が代表作と言えるでしょう。

きっと、皆様も、題名はご存知だったり、あるいは、

既にご覧になられた作品もあることと思います。

 

まず、「なめたらいかんぜよ」という流行語を生んだ、『鬼龍院花子の生涯』(1982)。

彼女の遺作となった、『瀬戸内少年野球団』(1984)、

そして、『時代屋の女房』(1983)、この3本ですね。

                       (すみません、この稿つづきます)

 

 

 

|

« 熊本地震。 | トップページ | 忘れようとして(24)~再び「Again」です。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

本田美奈子.さん」カテゴリの記事

忘れようとして」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 忘れようとして(23)~悲しさはつのるばかり。「Again」ちあきなおみさん:

« 熊本地震。 | トップページ | 忘れようとして(24)~再び「Again」です。 »