« つづき。~平原綾香さんの2015年コンサート・レポ。 | トップページ | 忘れようとして(22)~フランス同時多発テロ。 »

2015年10月11日 (日)

続・罪ほろぼし。<実践編>その1~平原綾香さんの2015年コンサート

§音楽の聖地に響いたノー・マイクの『AMAZING GRACE

 

というわけで、2007以来の、“罪ほろぼし。<実践編>”のスタートです。

今年の「Prayerコンサート」での詳しい曲目は省略させていただき、一気に、

私が最注目の『アメイジング・グレイス』までいってみます。

 

ところで、前回、

「今年のライブでは、各公演ごとに異なる曲を1曲ずつ歌う、という趣向」

と書きましたが、(平原綾香さんのブログを拝見していますと、そう思えました)

神戸では、2曲歌われたということもあったようです。

 

それはともあれ、こんな“大仕事”を、

コンサートが始まって1時間以上も経過した、

ライブの終了直前に持ってくるとは、まったく予想していませんでした。

つまり、アンコールのパートに組み入れられていたのですね。

お声も、体も疲労されている状態で、どうなることかと、見守ったのですが…

それは、全くの杞憂でありました。

 

 

そのアンコールの1曲目は『ジュピター』。

歌が始まった途端に、拍手が起こります。

いい歌唱です。以前にも書きましたが、彼女の『ジュピター』は、

日々、“進化”を遂げています。

デビュー時の、シングルCDのバージョンしかご存知ない方には、

ぜひ、こうした彼女の最新の『ジュピター』をお聴き願いたいものです。

 

次の曲が、ちあきなおみさんの『喝采』でした。

「伝説から神話」、という言葉がありますね。

ちあきなおみさんは、引退されて久しいのですが、

「伝説」を通り越して、今では、まさに、

“神様”のような歌い手、と申し上げてもよいと思います。

(ただ、私の場合、彼女の曲の中では、『喝采』はあまり好きではありません)

ちなみに、彼女のデビューの際のキャッチフレーズが、

「魅惑のハスキーボイン」―でした…(失礼しました)。

さすがは、平原さんです、この名曲をしっとりとしたvocalで聴かせてくれました。

 

 

さて、『アメイジング・グレイス』です。

「天から音が降り注ぐ」―大阪フェスティバルホールの代名詞なのですが、

平原綾香さんの『アメグレ』は、まさにその言葉どおり、

満場の観客の胸に響きました。

 

客の入っていないリハーサルのような場合とは異なり、

聴衆が入りますと、衣服などに音が吸収され、響きが、全く変わってしまいます。

ましてや、平原綾香さんは、

“ノー・マイク”が基本の声楽家ではなく、ポップス歌手なのです。

 

前回書きましたように、私の席は3階でしたが、

お声も、そして、もちろん“ハート”も一緒に、届いていました。

「お見事!」の一言に尽きます。

 

 

本田美奈子.さんのCD所収の『アメイジング・グレイス』は、

清らかな中にも、強靭さを秘めた、美しいソプラノです。

CDをお持ちでない方でも、

 

“数年前に、TVの公共広告機構のCFで、本田さんの『アメグレ』を聴いたよ”

 

とおっしゃる方も多くおられることでしょう。

このTVスポットでは、今回の平原綾香さんと同じく、

アカペラ(=無伴奏)のvocalが使用されていました。

 

さて、この日の平原さんの『アメグレ』は、本田さんとは少し異なりました。

平原綾香さんの楽曲に、『JOYFUL JOYFUL』という曲(→CDはこちら

がありますが、

その歌と同じように、ゴスペル風で、“パワー”を前面に押し出した、

元気あふれる『アメイジング・グレイス』でした。

 

ただ、日本語歌詞(岩谷時子先生作詞)において、

一番と二番とが混ざり合ったような流れになってしまいましたが、

しっかりと歌いきっておられましたね。

実は、平原綾香さんが歌い始めるその直前に、観客のお一人が、

「頑張って」と、声をかけられたのです。

私は、瞬間、“あっ…”と思いました。

ただし、これは”アクシデント”というよりも、

そんな聴衆の応援を全身で受け止め、

自らのパフォーマンスに転化・昇華させた、

平原さんに、賛辞を送りたいと思います。

 

 

平原さんの『アメイジング・グレイス』を聴きながら、

”いったい、このコの何がこんなに人の心を惹きつけるのだろう”

私は、そんなことを考えていました。                (つづく)

|

« つづき。~平原綾香さんの2015年コンサート・レポ。 | トップページ | 忘れようとして(22)~フランス同時多発テロ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

本田美奈子.さん」カテゴリの記事

クラシカル・クロスオーバー」カテゴリの記事

平原綾香さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続・罪ほろぼし。<実践編>その1~平原綾香さんの2015年コンサート:

« つづき。~平原綾香さんの2015年コンサート・レポ。 | トップページ | 忘れようとして(22)~フランス同時多発テロ。 »