« 岩谷先生の『AMAZING GRACE』に新しい命~三宅由佳莉さんのCD。 | トップページ | 喪失感。――回想~島倉千代子さん。 »

2013年10月31日 (木)

岩谷時子先生、有難うございました。

音楽ファンの皆様におかれましては、もう既に御存知でいらっしゃいましょうが、

作詞家・訳詞家の岩谷時子先生が、去る1025日永眠されました。

申すまでもなく、岩谷先生の存在が有ればこそ、

本田美奈子.さんのクラシカル・クロスオーバー路線への展開が成功した訳ですね。

 

と言うより、戦後の日本の音楽界そのものを、

これまでずっと牽引されてきた方々の内のお一人が、岩谷先生、その人でした。

 

本田美奈子.さんのファンサイト、

 MINAKO FAN WORLD ~本田美奈子.ファンサイト~のBBSに

投稿申し上げました一文を、当ブログにも再掲いたします。

~~~~~~~~~

岩谷先生の訃報に接し、ただ驚き、かつ深い悲しみに沈んでおります。

 

常々、私は先生を「昭和から平成にかけての大作詞家」とお呼びしてまいりました。

勿論、それのみならず戦後から現在に至るまで、我が国の音楽界の発展に、

計り知れぬほどの、多大な寄与をなさいました。

そして、先生の紡がれた美しい日本語が創造する詩界こそ、

日本人の誇りとして、悠久の生命を持ち続けることでしょう。

 

及び、本年の第4回「岩谷時子賞」に際しましての、

「この賞が世界のしあわせ・平和に少しでも貢献できますよう」

という先生のお言葉を、今こそしっかりと心に刻んでおかねばならぬ、と思います。

岩谷先生、長い間、本当に有り難うございました---

~~~~~~~~~2013/10/28

岩谷先生につきましては、何度か拙ブログでも記したことがありました。

文化功労者に岩谷時子先生。/Yuccaさんの『Prima donna』。: SAPPARI WAYA

岩谷先生の『AMAZING GRACE』に新しい命~三宅由佳莉さんのCD。: SAPPARI WAYA

 

 

そんな駄文よりも、多くの歌手・関係者の方が、ご弔意を表しておられますね。

その中のおひとり、私が常々、拝読させていただいております、

クミコさんのブログから。

~~~~~~~~~(途中からです)

岩谷さんの作られた言葉は、もうスゴすぎて、

あんな歌詞書けたら、あんな歌詞書いてもらえたら、

どんなにか幸せだろう。

と思い、それをできたのが「越路吹雪」だった。(後略)

~~~~~~~~~2013/10/30

クミコ オフィシャルブログ ~だって人生は片道切符~

 

クミコさんのおっしゃるように、岩谷先生の詩は、“スゴすぎる”。

“夜明けのコーヒー”という歌詞についてのエピソードは、

もう、すっかり有名になってしまいましたが、

平凡の中の非凡」とでも言うのでしょうか、

一見、平凡なようで、実は、飛躍している岩谷先生の文学的発想が、

“スゴすぎる”のですね。

 

先生の作品はどれをとっても素晴らしく、安易に“代表曲”なんて挙げられませんが、

過去でも紹介いたしました、ザ・ピーナッツの『ウナ・セラ・ディ東京』。

私の大好きな歌なのですが、その一節。

 

 

街はいつでも 後ろすがたの 幸せばかり」……。

 

 

どうですか、やっぱり“スゴすぎ”ますでしょ!

 

たぶん、岩谷先生の作品は、今後、追悼番組等で取り上げられる機会も

多いでしょうから、ぜひとも、ご鑑賞くださいますように。

 

 

最後に、もう一度。

岩谷先生、本当に有り難うございました。

ごゆっくりとお休みください……。

 

 

~~~~~~~~~~~~

(PS:ちなみに……ですが、クミコさんのブログは、実に、あったかくて、

読後、ホッとします。気持ちがほぐれて、楽になります。

クミコさん、vocalも、もちろん心に響く歌を歌われますが、文章も達人です

それもそのはず、ご自身でも、作詞・訳詞を手がけておられますので)

|

« 岩谷先生の『AMAZING GRACE』に新しい命~三宅由佳莉さんのCD。 | トップページ | 喪失感。――回想~島倉千代子さん。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

本田美奈子.さん」カテゴリの記事

クラシカル・クロスオーバー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩谷時子先生、有難うございました。:

« 岩谷先生の『AMAZING GRACE』に新しい命~三宅由佳莉さんのCD。 | トップページ | 喪失感。――回想~島倉千代子さん。 »