« 更にクロスオーバーの凄い歌手~三宅由佳莉さん。/そして、憲法のこと。 | トップページ | 映画「レ・ミゼラブル」についての感想。 »

2013年7月 7日 (日)

映画「レ・ミゼラブル」を鑑賞いたしました。

§「レ・ミゼラブル」が55億円突破、昨年洋画No.1ヒットの「MI4」抜いた。

昨年1221日に公開された映画「レ・ミゼラブル」が、317日(日)付けで、公開13週目にして動員4556,222人、興行収入556,5552,250円を突破した。この時点で、2012年洋画No.1の「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」(537,500万円)を超え、2013No.1を突き進んでいる。

現在でもSMAP木村拓哉やアーティストの及川光博、バイオリニストの宮本笑里らがラジオやトーク番組で素晴らしさを語り、歌手の平原綾香やコピーライターの糸井重里、若い世代からはモデルの押切もえや女優の比嘉愛未、アイドルグループ・ももいろクローバーZ百田夏菜子佐々木彩夏といった幅広い著名人が、ブログやツイッターで絶賛。テレビやラジオなどで、話題になる機会は続いている。

 

また、2月に行われた第85回アカデミー賞授賞式でアン・ハサウェイが助演女優賞に輝いたほか、録音賞、メイクヘアスタイリング賞の計3部門を受賞。このほかにもゴールデングローブ賞でも最多の3冠に輝いており、「レ・ミゼラブル」の感動の輪はまだまだ広がりを見せている。 (後略)             (2013/03/19

~~~~~~(http://news.livedoor.com/article/detail/7512043/より 引用筆者)

ホント、久しぶりに、映画の話題です。それも、『レ・ミゼラブル』。

本ブログをご覧になられている皆様方におかれましても、

映画館まで足を運ばれた方は、多くおられるのではないでしょうか。

“まだ、観てないよ”という方でも、きっと、この映画のことは、御存じのことでしょう。

 

上記のHPにもありますように、それほど、

今もって“ブーム”になっている映画ですね。

本田美奈子.さんも、本作の舞台ミュージカルに、

ご出演されていたのは、御存じのとおり。

た・だ・し…残念ながら、小生、本田美奈子.さんの舞台は、

コンサート、また、ミュージカルともに、遂に鑑賞できませんでした。

観たかったなあ……

 

 

§もったいないことに、チケットをいただいたのです。有難うございました。

実は、本田美奈子.さんのファンの方々のBBSで、懇意になり、

メールの交流などを通じて、お付き合いさせて戴いているのですが、

その方が、

 

 

”いい映画だし、本田美奈子.さんとも関わり深い作品ですから、ぜひ”

 

 

ということで、映画のチケットを送ってくださったのです。 

小生のような“さっぱりわやくちゃ”な、しかも、まだお会いもしたことのないような相手にですよ。

本当に、ご親切が、身に沁みます。有難うございました。

 

 

§実は、阪神淡路大震災以来、映画館に行ったのは初めてです。

阪神淡路大震災が破壊したのは、神戸の市街も、もちろんですが、

神戸市民の生活そのものも、ズタズタに壊しました。

私もその中のひとりで、ライフスタイルは、一変しました。

帰宅すれば、食べてすぐに寝るだけ、会社に居る時間が、一日のほとんど、

日曜、休日も一度はオフィスに出ますし、…

こんな日々が、あの日以来、ずっと続いています。

ですから、フリーな時間は、ほとんどありません。

でも、職を失うこともなかったし、私も家族も“奇跡的”に無事でした。

それを思えば、“ぜいたく”は言っておれないのかもしれません。

 

もっとも、会社にいる間でも、手の空いたときは、

アタマの中に広げた原稿用紙に向かって、拙ブログの想を練っていることも

しばしば有るのですけどね(笑)。

 

 

そんなことで、震災以来、初の映画館行きと、あいなりました。

噂には聞いていましたが、今は、「シネコン」、なんですよね。

な・の・で…チケットを持って、広いロビーを走り回ることになります(笑)

(そうです、先に座席を指定しないと、上映会場に入れないのですね)

 

 

§ハンカチは、“スタンバイOK”、ところが……

映画館に行く前日は、仕事も出来る限り段取りをつけて、

また、夜には睡眠も十分とるように心がけました。

“ずいぶんオーバーな”と思われるかもしれませんが、

当日の朝、疲労が残っていますと、結局、外出をためらうことになりますから、

予定を入れる場合、私には、このくらいの“覚悟”と“準備”が必要なのです(苦笑)

 

さて、引用した記事にありますように、この映画の評判は、すこぶるいいのですね。

みなさん、異口同音に「泣けた」「大感動した」とおっしゃっている。

ですから、私もそのような“心構え”はしていたのですが、

エンディングまで来て、「ん?」の連続でした。

 

“皆さん、どこで感動し、どこで泣いたのだろうか”

 

場内に灯りが点き、観客が席を立ちます。

私の見た限りでは、泣いている方はおられないように思いましたが。

 

せっかくチケットまで頂戴して、鑑賞させていただいた映画に、

否定的な感想を綴ることは、

“人間のとるべき道”ではない“とも思うのですが、

微塵の嘘も無い私見を綴ってみることにいたしました。    (つづく)

|

« 更にクロスオーバーの凄い歌手~三宅由佳莉さん。/そして、憲法のこと。 | トップページ | 映画「レ・ミゼラブル」についての感想。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

本田美奈子.さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「レ・ミゼラブル」を鑑賞いたしました。:

« 更にクロスオーバーの凄い歌手~三宅由佳莉さん。/そして、憲法のこと。 | トップページ | 映画「レ・ミゼラブル」についての感想。 »