« 再び『アメイジング・グレイス』です。 | トップページ | もう一人の「ノー・ジャンル」アーチスト~雨谷麻世さん。 »

2013年1月20日 (日)

三たび『アメイジング・グレイス』によせて/『風に立つライオン』~さだまさしさん。

これまで、本田美奈子.さん、ヘイリーさん、そして、林原めぐみさんの

アメイジング・グレイス』を取り上げてまいりましたが、

前回、ヘイリーさんのCDのご紹介を忘れておりました。

 

前にもアップしたと思いますが、

ヘイリーさんの『アメイジング・グレイス』のご鑑賞には、

私は、このアルバムをおススメしています。

Amazon.co.jp クリスタル~クラシカル・フェイヴァリッツ: 音楽

また、ヘイリーさんが、本田美奈子.さんと“デユエット”を結成されたCDはこちら。

Amazon.co.jp アメイジング・グレイス2008: 音楽

 

 

ところで、前の記事でも取り上げました、BS朝日 - 歌謡ドキュメント 本田美奈子 天使の歌声の番組によりますと、

本田さんが、初のクラシックアルバム(=CD『アヴェ・マリア』です)の制作に際し、

100曲ほどの候補曲の中から、本田美奈子.さんが真っ先に選ばれた楽曲が、

アメイジング・グレイス』だったそうです。

 

なるほど、20周年記念アルバムの“仮タイトル”が、“アメイジング・グレイス

となっている理由がわかるような気がしますね。

 

ところで…、本田美奈子.さんの

AMAZING GRACE』という曲に寄せられた想いとは、

いったいどんなものだったのでしょうか……

~~~~~~~~~~~~

 

さて、今回の本題ですが、『AMAZING GRACE』と申しますと、

私には、忘れられない曲があります。

音楽ファンの皆様には、ご存知の方も多いとは思いますが、

さだまさしさんの『風に立つライオン』(作詞・作曲 さだまさしさんです。

実は、この曲の間奏部と、エンディングに

AMAZING GRACE』が挿入されているのですね。

 

この曲は、いま調べますと1987年発表の曲でした。

当時は、私自身、そんなに感じるところはなかった…と思いますね。

逆に、さだまさしさんの“ストーリー・テラー”としての才能に―

 

―――そう、この『風に立つライオン』は、実話をベースに、

さだまさしさんが独自の創作を加えておられていますので―――

 

いわば、“嫉妬”するような…(さださんのファンのみなさま、ゴメンなさい)、

そんな感覚だったかもしれません。

 

でも――それは、311以降のある日のことでした。

つけていたラジオから、

偶然に、この『風に立つライオン』が流れてきたのです。

私が聴いたのは、久々のことでした。

というのも、この曲の演奏時間は8分超、と長いので、

めったに放送では流れないのですね。

ちなみに、そのとき私が聴いていた番組はこちら。

くり万太郎のオールナイトニッポンR - Wikipedia(現在は、放送終了)

 

 

この「311」以後の現実を踏まえた情況の中で、この曲を聴きますと、

あらためて、実に壮大な、この曲のテーマが実感できましたし、

大いに、考えさせられるところがありました。

 

----------------------------

以前の拙ブログで、私は、

「今回の選挙の争点は、憲法と原発である」と書きました。

忘れようとして(18)~「3.11」は終わっていない。後藤優子さんの歌。: SAPPARI WAYA

ただ、残念ながら有権者の関心も、候補者の論点も、

「経済・景気回復」が、現在の日本の課題の中、最大の争点になった感があります。

 

 

それも、もちろん重要ではあるのですが、

原発事故後、大失態を演じ続けている前政権の民主党、

及び、これまでずっと、原発を推進してきた自民党の双方とも―

つまり、大多数の政治家のホンネは、

“国民の皆さん、福島の事故のことは、もう忘れてくださいヨ” 

これなのですね。

「反・原発」が”一枚看板”であった、日本未来の党も、

選挙終了後、ほどなく空中分解してしまいました。

(だから、小沢一郎は油断ならぬ、と私は何度も申し上げています

 →先にも挙げた2012/12/12の拙ブログ忘れようとして(18)」)

残念ながら、ヤツらの、

その“原発事故隠し”の策は功を奏した―かもしれない…

 

 

仮に、日本国内ではそうであっても、

逆に、海外は「フクシマ」を忘れてはいないと思います。

そんな中で、例えば―

オリンピックを東京に誘致しよう、という考えが、

私には、到底信じられないことなのです。

4号機の燃料プールについての見解は、専門家でも評価が分かれるところですが、

むしろ、“分かれている”状況ならば、

今は、危険性の方に重きを置いて、考える必要が有ります。

(素人の私が言うのもどうかと思いますが、それが「危機管理」の原則のハズ)

 

有ってはならないことですが、もしも福島第一原発に、再度重大な事故が起きれば、

その影響が、今度こそ東京にまで及ぶこともあり得るでしょう。

多くの国民は、

オリンピックに投じられるであろう莫大な費用は、むしろ、

被災地の復興に充てるべきではないか、と考えているのではないか。

オリンピック誘致についての、国民の支持率が他の候補国と比して低いのは、

このことが、最大の原因でしょう。

 

 

“日本でオリンピックを見たくないの?”って訊かれたら、

誰だって、そりゃあ、見たいでしょう。

でも、「今なの?」という思いが、皆の心の奥に有るはずです。

 

“将来的に、消費税アップは必要でしょ?”と問われたら、

「これだけ人口が減少しているのだから、いずれは仕方のないことだ」

と答える人も多いのでしょうが、

「でも、民主党の選挙公約は、『この政権では消費税は上げません』

ということだったはずだが」―

そのとおり、彼ら=民主党政権は、

民主主義そのものを、根底から覆すような、悪しき前例を作ってしまった……

 

 

以前の記事にも書きましたが、大多数の国民は、現在の社会について、

腑に落ちないことが多すぎる、そして、

将来に対して、希望が見出せないというのが、

今の日本の状況であります。

 

2000年に入って、我が国のうつ病患者数が急増していることは、

皆様もよくご存知のとおり。

それに伴い、年間自殺者の3万人超という数字は、

2011年まで、実に13年連続!という

世界的にも、不名誉な統計を残してしまいました。

比較対象にはどうかと思いますが、年間交通事故死者数は、

1万人よりはるか下なのです。

 

 

アジア・アフリカ等の開発途上国からみれば、

日本という国は、科学技術・産業も発達しているから、生活も豊かで、

教育・医療も行き届き、全ての国民が幸福を享受している、

と想像されていることでしょう。

確かに、我が国の誇れる面は、数え切れぬほど、有るのは事実。

だが、その前に、何か最も大切なものを忘れているのではないか。

----------------------------

 

さだまさしさんの『風に立つライオン』にこういう歌詞がありました。

 

~~~~~~~~~~

この偉大な自然の中で病と向かい合えば

神様について ヒトについて 考えるものですね

やはり僕たちの国は残念だけれど何か

大切な処で道を間違えたようですね

(中略)

診療所に集まる人々は病気だけれど

少なくとも心は僕より健康なのですよ

~~~~~~~~~~

この歌が発表されたのは、先にも書いたように1987年なのですが、

天才:さだまさしさんは、このとき、既に、

3.11」後の現在の日本の状況を、的確に批評している…

 

たしかに偏見には違いないのでしょうが、

私は、そのような感想を抱きました。

 

 

冒頭、「ところで…、本田美奈子.さんの『AMAZING GRACE』という曲に寄せられた想いとは、いったいどんなものだったのでしょうか…」

と書きましたが―

では、さだまさしさんは、どういう理由で、この『風に立つライオン』の

中間部と、最後に『AMAZING GRACE』を使用されたのか、

これについても、種々の想像が可能でしょう。

 

ただ、私個人は、本田美奈子.さんの『AMAZING GRACE』を聴きますと―

 

「わたしは、精一杯頑張ったよ。さぁ、今度はキミたちの番だね」

 

本田さんのそんな声が聞こえてくるように思えるのですが―

 

私的には、前政権も、現安部内閣も、

まるで、被災地:福島において、

低線量継続被曝の人体実験を行っているように思えてならない。

将来、白血病や、甲状腺異常などの多発が心配です。

 (乱文長文妄言多謝) 

----------------------------

PS:『風に立つライオン』のご視聴については、この動画が個人的には、好きです。

もし、削除されていた場合は、他を検索してみてください。

風に立つライオン♪ さだまさし - YouTube

  

  『風に立つライオン』のCDはこちら。Amazon.co.jp: さだまさし

|

« 再び『アメイジング・グレイス』です。 | トップページ | もう一人の「ノー・ジャンル」アーチスト~雨谷麻世さん。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

本田美奈子.さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三たび『アメイジング・グレイス』によせて/『風に立つライオン』~さだまさしさん。:

» さだまさし 最新情報 - Nowpie (なうぴー) J-POP [Nowpie (なうぴー) J-POP]
さだまさし の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど [続きを読む]

受信: 2013年1月21日 (月) 06時31分

« 再び『アメイジング・グレイス』です。 | トップページ | もう一人の「ノー・ジャンル」アーチスト~雨谷麻世さん。 »