« 忘れようとして(18)~「3.11」は終わっていない。後藤優子さんの歌。 | トップページ | 再び『アメイジング・グレイス』です。 »

2013年1月 2日 (水)

もちろん、年末には「第九」、年始には「ワルツ」なのですが~『AMAZING GRACE』

2013年、新しい年を迎えました。皆様、お元気でいらっしゃいますか。

このクリスマスから、年末にかけて、

アメイジング・グレイス』をラジオ・テレビ、あるいはコンサートなどで

聴かれる機会も多かったのではないでしょうか。

 

そこで、またまた、拙ブログでは、この『アメイジング・グレイス』を取り上げてみます。

御承知のように、この歌、星の数ほどのアーチストが歌唱、また演奏されておられますね。

もちろん、本田美奈子.さん。

そして、数多い本田さんのファンの中では、

おそらく、世界で一番著名な方であられる、あの、

ヘイリーさんの『アメイジング・グレイス』も大ヒットしました。

 

彼女が「世界で一番著名な本田美奈子.さんのファン」と申し上げた意味は、

20093月のこの記事をご覧くだされば、と思います。

ヘイリーさんのライブに感激。~ヘイリーさん、明日のNHK-TVにご出演です。: SAPPARI WAYA

~~~~~~~~~~~~

………土方歳三はゆく。

ついに函館市街のはしの栄国橋まできたとき、地蔵町のほうから駆け足で駆けつけてきた増援の長州部隊が、この見慣れぬ仏式軍服の将官を見とがめ、士官が進み出て、

「いずれへ参られる」と問うた。

 

「参謀府へゆく」 

歳三は、微笑すれば凄味があるといわれたその二重瞼の眼を細めていった。むろん単騎斬りこむつもりであった。

 

「名は何と申される」

長州部隊の士官は、あるいは薩摩の新任参謀でもあるかと思ったのである。

「名か…」歳三はちょっと考えた。

 

 

しかし函館政府の陸軍奉行、とはどういうわけか名乗りたくはなかった。

 

 

「新選組副長土方歳三」

といったとき、官軍は白昼に竜が蛇行するのを見たほどに仰天した。

歳三は駒を進めはじめた。

 

士官は兵を散開させ、射撃用意をさせた上で、なおもきいた。

「参謀府へ参られるとはどういう用件か。降伏の軍使ならば作法があるはず」

「降伏?」

歳三は駒の歩度をゆるめない。

「いま申したはずだ。新選組副長が参謀府に用がありとすれば、斬り込みにゆくだけよ」

あっ、と全軍射撃姿勢をとった。

歳三は馬腹を蹴ってその頭上を跳躍した。

 

が、馬が再び地上に足をつけたとき、鞍の上の歳三の体はすさまじい音をたてて地にころがっていた。なおも怖れて、みな近づかなかった。(中略)

 

それから六日後に五稜郭は降伏、開城した。総裁、副総裁、陸海軍奉行など八人の閣僚のなかで戦死したのは歳三ただひとりであった。(後略)

~~~~~~~~~~~~司馬遼太郎:『燃えよ剣』より

 

土方歳三の最期についての真相は、司馬遼太郎が書いた上記のような内容とは、

ずいぶん異なっていて、函館政府軍の何者かが、彼の背後より狙撃したというのが、

現在の定説のようです。(注1

それはともかく…

 

 

ヘイリーさんは、本番直前、なぜか、

いつもの『AMAZING GRACE』は歌う気になれなかった…

 

「やっぱり、今回、メロディーパートは、MINAKOに任せることにするわ。

ワタシは、低音パートを歌うから----

と、言われたかどうか、いや、そんなことは有る筈など無いのだが、

ふと、『燃えよ剣』の一節を思い出してしまいました。

 

 

まあ、くだらぬ“妄想”は横に置いて、

私が、申し上げたいことは、

あるアーチストが、他のアーチストにrespectを表明するについて、

一体、これ以上のパフォーマンスがあるだろうか、ということなのです。

この日のライブの件については、残念ながら、

当時、あまり話題に上らなかったような記憶があるのですが、

本当に感動的なコンサートでした。

 

それにしても、筆者がヘイリーさんを語るとき、

どうして、こうも時代劇が出てくるのでしょうね(笑)。(注2

 

 

さて、同じくちょっと触れられる機会が少なかった気がしておりますのが、

林原めぐみさんの『アメイジング・グレイス(2012/9/29)

つばさ

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_ss_i_5_2?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dpopular&field-keywords=%97%D1%8C%B4%82%DF%82%AE%82%DD+-+%82%C2%82%CE%82%B3&sprefix=%97%D1%8C%B4%2Cpopular%2C907

歌唱力は、なるほど抜群。

こういった若い世代の方が、『つばさ』『アメイジング・グレイス』などを、

歌い継いでくださることは、嬉しいことです。

-----------------------------

(注1まっすぐに、線を引く。: SAPPARI WAYA

(注2忘れようとして(6)~「寒到来」。(「子連れ狼」より): SAPPARI WAYA

|

« 忘れようとして(18)~「3.11」は終わっていない。後藤優子さんの歌。 | トップページ | 再び『アメイジング・グレイス』です。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

本田美奈子.さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もちろん、年末には「第九」、年始には「ワルツ」なのですが~『AMAZING GRACE』:

« 忘れようとして(18)~「3.11」は終わっていない。後藤優子さんの歌。 | トップページ | 再び『アメイジング・グレイス』です。 »