« 最後です―本田美奈子.さんと「日本の叙情歌集」。 | トップページ | ミュージカルへの想い~作曲家:いずみたく氏。 »

2012年11月11日 (日)

“答え合わせ”と「私の好きなもの」~佐良直美さん。

 

本テーマは、この4月の、

 

土居裕子さんの「サウンド・オブ・ミュージック」から始まりました。

 

いよいよ、―小生にとって―最大の“難関”!!

 

 

 

 

 

本田美奈子.さんとクラシカル・クロスオーバー」

 

 

 

 

 

の話題にさしかかってくるのですが、正直、困っています(苦笑)。

 

 

 

ところで、その前に…

 

 

 

万が一、ですよ、

 

4月よりずっと、この拙文を読み続けてきた方がおられたならば、

 

(そんな方、ただの一人とて地球上に存在しないハズですが)

 

“この「てんけい」のバカ、また、忘れとるぞ”と思っておられることが

 

あるはず。

 

 

 

 

 

5/15の記事、

 

またまた、土居裕子さんの『サウンド・オブ・ミュージック』(2011年)。: SAPPARI WAYA

 

にて、こんなクイズを出していましたね。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 現に、この日の劇中でも、子供たちが失踪したマリアを回想するシーンで、

 

このようなセリフがありました。

 

 

 

 “マリア先生は元気を出したいとき、いつも、この歌を歌っていたわ

 

 

 

ところで、ここでクイズ、

 

マリアが“落ち込んだとき”に歌っていたその歌とは一体、何でしょう?

 

本ミュージカルの、主な劇中音楽を以下に、挙げますのでお考えください!

 

解答は次回に書きます。(あ、皆さん、よくご存知かも?)

 

 

 

1「サウンド・オブ・ミュージック(The Sound of Music)」

 

2.「ド・レ・ミの歌(Do-Re-Mi)」

 

3.「エーデルワイス(Edelweiss)

 

4.「私のお気に入り(My Favorite Things)」

 

5.「さようなら、ごきげんよう(So Long,Farewell)」

 

6.「すべての山に登れ(Climb Ev'ry Mountain)」

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

「てんけい」お得意の「忘れようとして」ではないのですが、

 

実は、タイミングを失してしまったのですね(苦笑)。

 

 

 

 

 

あらためて、解答です、答えは、4番の

 

「私のお気に入り(My Favorite Things)」でした。

 

といっても、皆さん正解!…されたことと存じます。

 

子供たちが、マリアの居ない寂しさを紛らわすために、この歌を合唱しているとき、

 

密かに帰ってきたマリアも、その合唱に加わって再会を果たす、

 

という心温まる名場面でした。

 

 

 

この曲、本当に様々なスタイルに編曲されて、世界中で親しまれていますね。

 

白状しますが、私は、この曲は、

 

ジャズのスタンダードである、と長い間、信じておりました(苦笑)。

 

どうも、初めて聴いたのが、ジャズにアレンジされたものだったようです。

 

と、いっても、“ン十年前”のハナシですが(笑)。

 

 

 

 

 

ジャズのみならず、ボッサ風、あるいは、

 

フル・オーケストラによるストリングスの演奏もいいですね。

 

どんなアレンジでも、人々の心を魅了する―

 

これこそが、「名曲」の「名曲」たる所以なのでしょう。

 

 

 

 

 

さて、我が国の流行歌にも、この曲と似たような歌があるのを

 

ご存知でしょうか?

 

曲名は、ズバリ「私の好きなもの」―です。

 

 

 

“似たような歌”と記しましたが、
 
もちろん、“盗作”とかのたぐいではなくて、むしろ、その真逆です。

 

限りないオマージュ=賛辞の念を

 

ミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』中の名曲、

 

「私のお気に入り(My Favorite Things)」に捧げて、

 

作られた歌なのです。

 

 

 

 

 

ミュージカルに魅せられたのは、俳優・歌手ばかりではありません。

 

“日本でも、もっともっとミュージカルが大衆のものにならないだろうか

 

 我が国でも、ブロードウェイに負けないミュージカルは作れないだろうか“

 

 

 

 きっと、そのようなことばかりを、「彼」は、ずっと考え続けていたのでしょう。

 

――――――――――――――

 

と、申しましても、ここで“注釈”です。

 

「限りない尊敬の念を捧げて作られた」とか、

 

「そのようなことばかりを、彼は考え続けていた」などと書いたものの、

 

的外れではないでしょうが、小生の“想像”ではあります。

 

――――――――――――――

 

さて、その人物とは―

 

作曲家:いずみたく氏(1930~1992)です。

 

しかし、先に書いたように、確たる“証拠”などありません。

 

ただ、この曲の作曲者を知ったとき、

 

「あ…きっと、そうだ」と思ったのです。

 

 

 

 

 

さあ、「私の好きなもの」の歌詞(部分)をご紹介しましょう。

 

レコード大賞受賞歌手、佐良直美(さがら・なおみ)さんのヒット曲でした。

 

~~~~~~~~~~~

 

「私の好きなもの」        作詞:永 六輔   作曲:いずみたく

 

 

 

(詞は削除しました)

 

~~~~~~~~~~~~

 

 

なかなかしゃれたラヴ・ソングに仕上がってますね。

 

余談ですが、佐良直美さんは、生放送の歌番組で、

 

みんな好きだけど  あなたが一番好き」の歌詞を、

 

「みんな好きだけど  食べることが一番好き」

 

と歌詞を変えて、歌っておられた場面を見たことがありました。

 

彼女らしい、“茶目っ気”で、私はもちろん、スタジオも大爆笑でした。

 

 

 

You
Tube
があるようですね、この楽曲の削除はない、とは思いますが。

 

私の好きなもの by 佐良直美 - YouTube

 

しかし、今、聴いていても、佐良さん、歌が滅法上手い。

 

うま過ぎますね。

 

 

 

 

 

いずみたく氏は、My Favorite Things」をベースにしつつ、

 

さらに、精一杯のrespectを込めて、この歌を作曲されたのだと考えています。

 

永 六輔氏の詞も、見事な“和洋折衷”で、実に素敵ですね。

 

この“和洋折衷感”も、ある意味、

 

いずみたく氏御自身の「ミュージカルへの想い」を反映しているように思えます。

 

この辺については、次回ということで。

 

 

 

 

 

大歌手、佐良直美さんの代表曲のひとつ、私の好きなもの」のご紹介でした。

 

                                      (おしまい)  

 

 

|

« 最後です―本田美奈子.さんと「日本の叙情歌集」。 | トップページ | ミュージカルへの想い~作曲家:いずみたく氏。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

本田美奈子.さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “答え合わせ”と「私の好きなもの」~佐良直美さん。:

« 最後です―本田美奈子.さんと「日本の叙情歌集」。 | トップページ | ミュージカルへの想い~作曲家:いずみたく氏。 »