« 本田美奈子.さんの「美空ひばりを歌う」について。 | トップページ | 再び、本田美奈子.さんと「日本の叙情歌集」。 »

2012年9月13日 (木)

本田美奈子.さんと「日本の叙情歌集」。

次に、本田美奈子.さんと「日本の叙情歌」について考えてみる。

「考える」といっても、“ええから加減”の「てんけい」のこと、

たいした話になど、なるはずも無いのだが。

さて…

 

 

何年か前だったか(本田さんが天界に還られて後のこと)

本田美奈子.さんに、どんな歌を歌っていただきたかったか”

というようなテーマでのBBSがあった。

 

映画音楽、スタンダード・ナンバー、オペラのアリア、

ポピュラーなクラシック、ミュージカルのヒット曲…

色々と寄せられたが、

この「日本の叙情歌」というジャンルにも、

多くの“リクエスト”が寄せられたように記憶する。

 

(残念ながら、前回のテーマ、美空ひばりさんの楽曲については、

殆ど無かったように思うのだが。

「妄想CD」の題で記事を書いてみたのは、そのことも一因であった。)

本田美奈子.美空ひばりの世界を歌う。~~「てんけい」の妄想CD: SAPPARI WAYA1)~(4)

 

 

ときに、本田美奈子.さんの叙情歌を歌われた音源となると、

私は、「題名のない音楽」で放送された、

『紅葉』くらいしか知らなかった、というのが実情であった。

 

ところが、過日、音楽ファンの間で、かなり話題になった番組があり―

それは、BS朝日での「歌謡ドキュメント 本田美奈子.」というものだったが、

BS朝日 - 歌謡ドキュメント 本田美奈子 天使の歌声

その中で、2002年、東京オペラシティホールにて、

フル・オーケストラをバックに、歌われる本田さんの映像があった。

「童謡・叙情歌」のジャンルでは、

『旅愁』『赤とんぼ』『ふるさと』の3曲(もちろん、他にもあったかもしれぬが)

を演奏しておられた。

 

20008月にシドニーのオペラハウスで開かれた

『日豪親善コンサート』でも、

本田さんは、「クラシカル・クロスオーバー」の楽曲に加え、

“日本の童謡も披露された”と、私は聞いていた。

その曲がいったい、何であったのか、筆者は興味深々ではあったが、その中に、

この3曲(全て、或は一部)が含まれていたことは、まず、疑いないところであろう。

 

 

次に…

本田美奈子.さん御自身は、「日本の叙情歌集」にどんな想いを

お持ちだったのであろうか。

 

 

ここで、私は、本田美奈子.さんと同じく、

白血病で同じ病院に入院しておられた

保険会社社長の、本田さんについての談話を思い出した

氏は、「リブ・フォー・ライフ美奈子基金」の発起人のお一人でおられる。

LIVE FOR LIFE について | Live for Life 生きるために生きる。

彼女が臍帯血移植の手術を受けられて、

その直後のこと。

後の、「リブ・フォー・ライフ美奈子基金」設立についての

相談を持ちかけられたときの話が、氏によると、このようなものであった。

 

 

新しい生命をいただいた、この命、大事にしたい

出来るなら、少しでも、人のお役に立てることをしてみたい、

ご一緒にやりませんか?

本田さんから、氏に宛てた最初のメールは、

ほぼ、そんな内容だったという。以下、氏の談。

 

 

~~~~~~~

「当時、2才の女の子と、4才の男の子が、同じ病気で入院していた。

そういうのを見ながら、

“子供を励ましたい、子供が可哀そう過ぎる、こんな病気で―。

「わけがわからず」とは、言いませんが、

まだまだ自覚できない段階で、

(筆者注:“自我の確立されていない年齢で”という意でしょうか)

こんな病気に罹って―。

 

で、子供を励ますための、たとえば朗読会をやろう、童謡を歌う会をやろう、と。

そういう歌と言葉を通じて、

“子供を励ますチャリティーをやってみたい”と…(インタビュー終了)

~~~~~~(NHK-TV本田美奈子.~歌がつないだ"いのち"の対話」より、

注:文字起こしの文責は「てんけい」に有ります)

 

 

赤字部分のような具体的な事柄を、本田さんがご提案なさったのと、

歌手生活20周年におけるスケジュールが策定されたのと、

時系列的にどうなのか、はっきりとは分からないが、

それは、大きな問題では無い。

 

もしも、彼女がお元気ならば、

お言葉にあるように、「チャリティー」という形態を採ってでも、

時間さえあれば、全国各地でこのような会を催されたであろう―

ただ、本田さんのこのような「想い」は、

前述の「リブ・フォー・ライフ美奈子基金」をはじめ、

大勢の方々が、様々な環境で受け継いでおられることは、申すまでもない。

                                      (つづく)

 

 

追記:(NHK-TV本田美奈子.~歌がつないだ"いのち"の対話」

放送時の際の拙ブログ。

“「最期のボイスレター」というタイトルが悪い”と、毒づいております。

「本田美奈子.歌がつないだ“いのち”の対話」----NHK地上波で再放送。: SAPPARI WAYA2008/03/16)

|

« 本田美奈子.さんの「美空ひばりを歌う」について。 | トップページ | 再び、本田美奈子.さんと「日本の叙情歌集」。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

本田美奈子.さん」カテゴリの記事

コメント

本田さんはNHKで「花かげ」を歌う機会はありましたが、アレンジがNHKの叙情歌っぽくなかったですよね。あれほどの名曲をNHKでやる時は変にアレンジしない方がいいと思いました

投稿: | 2017年3月13日 (月) 00時20分

○○さん(お名前がわかりませんので)、コメントを有難うございます。

>本田さんはNHKで「花かげ」を歌う機会はありました
「ダイヤモンドオンライン」で、坪井賢一氏もこの件に関連して書いておられ、ちょっと、“話題”(?)になりましたね。私も、ぜひ聴きたかったです。

投稿: てんけい | 2017年3月13日 (月) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本田美奈子.さんと「日本の叙情歌集」。:

« 本田美奈子.さんの「美空ひばりを歌う」について。 | トップページ | 再び、本田美奈子.さんと「日本の叙情歌集」。 »