« 佐々木秀実さんライブ。~シャンソン界のヌーベル・バーグ | トップページ | 「キミノ ミタ ユメ」~「11・6(つばさ忌)」に寄す。 »

2010年10月12日 (火)

佐々木秀実さん。~シャンソン界のヌーベル・バーグ(2)

(前回よりのつづきです)

モー娘。のような“純粋アイドル路線”でもなく、

安室奈美恵さん、浜崎あゆみさん、倖田來未さんのようなラインでもない、

大塚愛さんの歌を初めて聴いたとき、

 

“ガールズ・ポップ”には、こんな“スキ間”があったのか“

 

って、ちょっとオドロいた記憶がある。

 

それは、ともかく、

佐々木秀実さんについて、“スキ間”って申し上げると、語弊が生じるかもしれない。

ところで、前回のレポでは、「彼女」と記したが、

 

実際のところ、佐々木さんは男性である。

 

(佐々木さんの意を汲み、当ブログでは、「彼女」と表記するつもりである)

Wikipediaによると、「異性装者」との記載が見られる。

佐々木秀実 - Wikipedia

もしかしたら、「女装」ということで、

違和感を持たれる方もいらっしゃるかもしれぬが、

例えば、絵画を描くとき、水彩・油彩・版画、等々、様々な表現手段がある。

音楽に使用する楽器にしても、ピアノ、バイオリン、ギター

数え切れぬくらいの種類があるではないか。

そしてまた、人間の個性・感性も、ひとりひとり千差万別。

佐々木さんは、自らの世界観で捉えた音楽を表現するに際し、

女性という“カタチ”=表現手段を使うのが、最も適していると判断されたのだろう。

このように、この件はあくまで、「手法」、ないし、

「道具」の問題としてとらえるべきであると考える。

ところで、歌の中における、

いわゆる“性倒錯”=「男が女の詞を歌う、または、その逆」は、

日本の歌謡曲では、極めて頻繁に見られる現象ではあるが、

一般に、男性歌手の場合、感情を抑制気味に歌うのが普通だ。

これには、わが国の性差(社会的な)に対する歴史・文化的背景が強く反映されていることからくるのであろうが、

佐々木秀実さんは、

もっとストレートに、情感を込め、感性を解放して歌いたい、

そのほうがご自分のシャンソンにふさわしい、と判断された上での、

現在の歌唱スタイルとなったのではないか。

 

「音楽」により「感性」を解放せしめること--(本人についても、観客についても)

 

もし、こんな視点の存在も認められるならば、

佐々木さんにおいては、

“歌舞伎の「女形」というジャンルとも、微妙に異なっている”

といえるであろう。

 

上記は、筆者の「想像」である。

が、もしもこれが間違っていたならば、佐々木さんにも非礼な話であるし、

さらに言えば、このような議論は、音楽について語る上には、瑣末どころか、

迷惑な話である。

「まず、私の歌を聴いてください」

それが、佐々木さんの本意には違いない。

 

私は、くだらぬことを、長々と書き過ぎてしまったようだ。

歌手にとっては、表現された「歌」こそがすべてのはず。

 

彼女の感情表現については、前回書いたように、素晴らしいものがある。

聴衆の心の中へ、ぐいぐいと入り込んでいく力量は絶妙。

及び、その声も、低音から高音まで、実に声量豊かで、

weakなポイントも、感じられない。

だから、聴いていて、非常に気持のよい声質である。

もちろん、これは素人の感想、実際に聴かれて、

“こりゃあねぇ…”と思われたら、止めてください(笑)。

ちなみに、彼女が、最も影響を受けた歌手は、

美空ひばりさんと、エディット・ピアフさん、という。

 

“目標”とされるに、ふさわしいシンガーだ。

佐々木秀実さんの、今後の益々のご精進、ご活躍を願ってやまない。

                                  ― 了 ―

                              (長文乱文妄言多謝)

(追記)

レポでは触れなかったが、彼女のMCはなかなか面白い。

笑わせてくれます。彼女、サービス精神もなかなか旺盛。

若い頃、ライブハウスで、客の目前でシャンソンを歌ってこられた御経験が生きているのだろう。

佐々木秀実さんのシャンソン、これは、オススメです。

-----------------

ついでに、オススメCD

カンツォーネ、ファドも歌える、芸域の広さをどーぞ。

聴かせてよ愛の言葉を Music 聴かせてよ愛の言葉を

アーティスト:佐々木秀実
販売元:ZETIMA
発売日:2003/07/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最新アルバムはこちらです。

HIDEMI Music HIDEMI

アーティスト:佐々木秀実
販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:2009/06/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

(よろしければ、ポチッと、お願いします。よろしければ、デス)

-----------------

|

« 佐々木秀実さんライブ。~シャンソン界のヌーベル・バーグ | トップページ | 「キミノ ミタ ユメ」~「11・6(つばさ忌)」に寄す。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

本田美奈子.さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐々木秀実さん。~シャンソン界のヌーベル・バーグ(2):

« 佐々木秀実さんライブ。~シャンソン界のヌーベル・バーグ | トップページ | 「キミノ ミタ ユメ」~「11・6(つばさ忌)」に寄す。 »