« 民主党の最期?かもしれない~「国家戦略局」の崩壊。 | トップページ | 忘れようとして(12)~映画『必死剣鳥刺し』にまつわる雑談。 »

2010年8月 8日 (日)

この季節。(14)七夕祭りです。~「スターダスト・ドリーム」(荻野目洋子)

§たなばたさま。

この時期、各地では、花火大会が多いようです。そして、……

87日、といえば、…そう、「たなばた祭り」なのですね。

“えっ?七夕って、77日でしょ?”などと言うなかれ。

確かに、そうなのですが、それは、あくまで、「旧暦」のハナシなのですね。

77日」を、そのまま「太陽暦」にもってくるから、

日本では、多くの場合、七夕祭りが梅雨の時期と重なります。

ですから、雨とか、曇りのことが多く、彦星様と織姫様の“デート”が、

なかなか、うまくいかないわけです。

ちなみに、全国的に有名な、あの、

仙台市の七夕祭りも、8月の今頃に行われますよね。

 

 オイラが“ガキ”の頃、いや、…御幼少のみぎり(笑)では、

 「七夕」といえば、87日に行うのが常でした。

 

 当時は、“ホンモノ”の笹の枝を買ってきて、

 (待てよ、どこで買ったんだろう?たしか、行商の人達が、売りに来ていたのではなかったかな…)

 色とりどりの短冊に、墨でもって、“願いごと”を書き、

 飾り立てたものでした。

 このようなことは、近所の子供たちや、大人たちも集まって、

一緒になって行なった記憶があります。

そうです、昭和の時代は、元来、農耕民族が、その基盤としていた、

「地域共同体」が、まだ残っていたのです。

 

§真夏の“ミステリー”?

日本は、今や、世界に冠たる「長寿社会」でありますが、

前述のような「地域社会」の崩壊が、今、巷間話題になっている、

100歳前後の高齢者の行方云々、ということに繋がるわけですね。

なんとも、“ミステリー”めいた事実が、各地で明らかになってきていますし、

「○○年金」の受給がどうこうと、とかくの批判もあるのですが、

でも、オイラにすれば、

“消えた年金”とか、

いまだに終わらない「名寄せ」とか、

いったい、厚労省・年金機構は、なにをやってるんだろう?って、

こっちのほうが、よっぽど、

「全国民的に関心を寄せるべきミステリー」には違いないと思いますが。

 

§“OGINOME BEAT”より選びました。

さて、脱線しましたが、「七夕」のこの時期、

お星様の歌、なんて、文字通り、“星の数”ほど、あるわけで、

選曲がおおいに悩ましいのですが、

今回は、過日、音楽活動を再開した、

荻野目洋子の「スターダスト・ドリーム」でもって、

お祝いしたいと思います。

YOKOについては、いろいろと“思い入れ”もあるのですが、

長くなりますので、今回、“サラッと”いってみるつもりです。(爆)

 

スターダスト・ドリーム」は、

当時、わが国の音楽界に一大旋風を巻き起こしていた、

OGINOME BEAT”の中の1曲。

なお、「麻生麗二」は、ヒットメーカー、売野雅勇氏の別名、

井上ヨシマサ氏は、現在、AKB48の音楽でご活躍中です。

~~~~~~~

「スターダスト・ドリーム」(抄)  作詞:麻生 麗二

                    作曲:井上ヨシマサ

 フェリーボートから 風に吹かれて

 摩天楼見ると 泣けてくるね

 ああ… 水晶の街角 あなたの 未来が

 叶えば いいのに

 

地方から、東京へ出てきたカップル、と私は思いたいですね。

きっと、ミュージシャンとしての成功を夢見てるのかもしれない。

希望と、そして不安の交錯、そして、

「摩天楼」を眺めただけで涙が流れるという、

この女のコのピュアな感情がすばらしいのです。

 

 つまずいても あきらめないって

 約束したよね

 愛したひとが 神様だったころ

 忘れないで 生きてたいね

   

またまた、ピュアなこのフレーズ、

そうです、「愛したひとこそが神様」なのですヨ!

いま、この現実をかえりみて、

オイラも含めて、みんな思うことでしょう、

“ダメだ、こりゃ…” (爆)

 

 ひとり スタジアム 見上げながら

 星のアリーナで拍手したよ

 ねえ 夢をつかまえたの?

 見えないピアノを あなたが 叩くよ

 

どんなに生活が貧しくても、つらくても、

星がいっぱいの夜空を見上げれば、そこに、彼らのライブ会場が浮かびあがります。

そして、心のなかには、いつも、ピッカピカのピアノが有るのですね。

そんな彼を、都会に残したまま、彼女は帰らなくてはならない。

 

 会えなくても いつも そばにいていいかな?

 愛 だけ…

 さよならより つらいよ

 あなたが クールな子に 変ってくの

 

「愛だけ、アナタのそばに居てもいい?」なんて、こんなけなげな女のコ、

いまどき、居ないでしょ(笑)。

ところで、この詩の雰囲気、どこか、あの名曲、

太田裕美さんの「木綿のハンカチーフ」に、似てやしませんか?

 

 Truetruetrue

 ダイヤの 虹をつかんで Dreamdream

 Truetruetrue

 いつでも 輝いてね All right

~~~~~~~

というわけで、雑談とも愚痴ともつかずのムダ話はこのへんで。

(むむ、あんまりサラッとは、いかなかったようだ…)

さて、あなたは、お星様に、どんなお願いをしましたか?(おしまい)

----------------

さて、ご存知ない方のために、毎度おなじみ、You Tubeより。

YouTube - 荻野目洋子 Oginome Yoko - スターダストドリーム

OGINOME BEAT”いっぱいのCDならこれ。

CD-RIDER [+5]

この「スターダスト・ドリーム」から、半年ほど後に、あの超話題作、

VERGE OF LOVE」のアルバム発表となるわけです。

このアルバム、今聴いても、“聴きごたえ”がありますなー…

VERGE OF LOVE #英語バージョン# [+2] VERGE OF LOVE (英語バージョン) [+2]

アーティスト:荻野目洋子
販売元:Vicctor Entertainment =music=
発売日:2010/04/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 民主党の最期?かもしれない~「国家戦略局」の崩壊。 | トップページ | 忘れようとして(12)~映画『必死剣鳥刺し』にまつわる雑談。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

てんけいさん、こんばんは。
てんけいさんのブログで荻野目ちゃんがテーマになったのは初めてな気がしますが、荻野目ちゃんが取り上げられて「わーい♪♪」な心境です。(^^)

スターダスト・ドリームですね。
こうして、文字になるとホントにピュアな女の子の恋の詩なんですね。

>この詩の雰囲気、どこか、あの名曲、
>太田裕美さんの「木綿のハンカチーフ」に、似てやしませんか?
そんなことは初めて気づきました。(^^;
たしかに、言われてみれば詩の雰囲気は似てますよね。


>さて、あなたは、お星様に、どんなお願いをしましたか?
ふふふ、ナイショです。(笑)

投稿: 石ちゃん☆ | 2010年8月16日 (月) 00時45分

石ちゃん☆さんへ コメントを有難うございます。猛暑の日々、お元気ですか?

>荻野目ちゃんがテーマになったのは初めてな気がしますが
そうそう、ホントに久しぶり、「スロープに天気雨」以来、なんです。
YOKOも、歌手活動再開ですから、いずれ---とは思ってましたが、“いまごろ”になってしまいました(汗)。

と・こ・ろ・が・、---NEWアルバムの紹介、忘れてますでしょ。
やっぱ、「また、いずれ」ですわー(大汗)。

>ふふふ、ナイショです。(笑)
オイラも、「ヒ・ミ・ツ」。(爆)

投稿: てんけい | 2010年8月16日 (月) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この季節。(14)七夕祭りです。~「スターダスト・ドリーム」(荻野目洋子):

« 民主党の最期?かもしれない~「国家戦略局」の崩壊。 | トップページ | 忘れようとして(12)~映画『必死剣鳥刺し』にまつわる雑談。 »