« FRIED PRIDE(フライド・プライド) TV御出演!(間に合ったぞー) | トップページ | 浪曲界はよき後継者を得ました。~菊地まどかさん。 »

2010年4月29日 (木)

今、なにしてる?~“片道書簡”。話題は「浪曲」です。

えーと、はやりのTwitterのことではなくて(苦笑)、

思い返せば、3月は、ついに拙ブログは一度も、更新できずじまい、

いよいよ、“閉店間近”なのですが(苦笑)、

“いったい、てんけいのやつ、何をしてたのだろう?”って思われる奇特なお方も、

(ひょっとしたら、ですよ)

この地球上には、一人かお二人くらいは、いらっしゃるかもしれない(笑)。

とはいえ、小生、他の方のブログにコメントしたり、

メールのやりとりをしたりと、ハイ、

ITオンチ”が、「ナントカの手習い」というやつをやっておりました(笑)。

というわけで、私の最近のメールから。

本来は、相手の方の文章も載せて、

「往復書簡」の体裁にすると、内容も分り易いのですが、

そうもいきませんので、“片道書簡”にとどめます。

 

~~~~~~~(私のメールより引用)

>新人女流浪曲師の方へ本を差し上げた結果ですが次には注目してくれるかも

>知れないので再挑戦してください。

どうなるか、予定は未定、ですが(苦笑)。

補足しますと、この方、民謡を修めていらっしゃったのです。

(金沢明子さんを思い出してください)ですから、どう言ったらいいのか、

わかりませんが、声の“ヌケ”が非常に良く、聴いていて気持ちがいいのです。

一般的な浪曲のように、喉を絞めたような発声ではありません。

(中略)

タテをつくつもりはありませんが、(苦笑)

日本人は、民族独自の音楽、芸能を軽視し過ぎるキライがある、

と時々思うのです。NHKだって、邦楽、民謡にどれだけの時間を

当てているのでしょうか。

なあーんて、書いてみましたが、小生だって、大きなことは言える

ハズなどありませんが(爆)。

かなり昔のこと、アメリカで、浪曲がブームになった、と聞いたことがありますが。

つまり、浪曲は西洋音階では、解析できない、そんな目新しさがあったようです。

ちなみに、「浪曲を、英語では“Waving Song”という」なんてことを思い出しました。

(以下略)~~~~~~~

 

“さっぱりわやくちゃ”がモットーの当ブログ、

今回の話題は、「浪曲」であります。

 

「浪曲」!

 

と言ったからとて、驚くなかれ、

前回申し上げたように、

 

「音楽に貴賎なし」

 

なのですから(笑)。

さて、冒頭、相手の方のメールからの引用で、

「新人女流浪曲師の方へ本を差し上げた」とありますね。

これは、私が、過日、彼女のCDデビューのイベントのとき、

NHKブックスの『本田美奈子.甦れアメイジング・グレイス―歌がつないだ“いのち”の対話』を差し上げた、ということに対して、頂戴したお言葉でした。本田美奈子.甦れアメイジング・グレイス―歌がつないだ“いのち”の対話 (CDブック)

Amazon.co.jp 本田美奈子.甦れアメイジング・グレイス―歌がつないだ“いのち”の対話 (CDブック): 本田 美奈子, 岩谷 時子:

 

さて、私のメールの書面で、

 

日本人は、民族独自の音楽、芸能を軽視し過ぎるキライがある

 

なんて、実に、エラそうなことを書いていますが、

正直なところ、私も、そんなに詳しくはないのです。

だから、適当に書き進めます、あ、これ、いつものことです(笑)。

“日本民族独自の音楽”=「邦楽」といっても、

雅楽、猿楽、能、神楽、琵琶語り、浄瑠璃、義太夫、詩吟、

長唄、小唄、端唄(はうた)、都々逸(どどいつ)、民謡…そして浪曲。

知っている名前、全部を連ねてみましたが(笑)、

「浪曲」の“ルーツ”は、

故・広沢瓢右衛門師の談で、

広沢瓢右衛門 - Wikipedia

「明治の頃の、『浮かれ節』というのが、その起源です」

と、伺ったことがあります。

 

私は、さらに“ルーツ”を遡るならば、

仏教と共に発生・伝来した、「声明(しょうみょう)」がそもそもの発祥であり、

そこから、浄瑠璃、長唄、はては、浪曲・演歌などへと、時代を追うごとに、

派生していったものではないか、と想像しています。

 

それはともかく、浪曲は、先に挙げた、各種の「邦楽」の中においても、

時代的に、最も新しく成立したものですから、

たとえば、

浄瑠璃などと異なり、コトバも、口語体ですし、

仮に、全く浪曲を聴いたことのない方でも、十分理解できます。

                                  (この項、つづく)

-----------------

|

« FRIED PRIDE(フライド・プライド) TV御出演!(間に合ったぞー) | トップページ | 浪曲界はよき後継者を得ました。~菊地まどかさん。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

本田美奈子.さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今、なにしてる?~“片道書簡”。話題は「浪曲」です。:

« FRIED PRIDE(フライド・プライド) TV御出演!(間に合ったぞー) | トップページ | 浪曲界はよき後継者を得ました。~菊地まどかさん。 »