« 平原綾香さんのNEWシングルは「新世界」です。 | トップページ | 平原綾香さんの今春のライブが、7/11に放送されます。 »

2009年6月24日 (水)

ヴィヴァルディの「四季より~春」をフルートで。

え~、久々の更新、ということになりますが(苦笑)、

 

 

 

ずっと、難事、雑事が続き、「新型インフル」の直撃、という“後押し”、

 

 

 

もあり、ともかく、私的には「タイヘン」なコトの連続でした。

 

 

 

やっと、ここのところ、一息ついております。

 

 

 

で、例によって、「雑談」であります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペーター=ルーカス・グラーフという、音楽家がおられます。

 

 

 

お名前だけは、存じておりました。

 

 

 

なにしろ、世界的に著名なフルート奏者でいらっしゃいますから。

 

 

 

 

 

 

 

先般、TV「題名のない音楽会」を観ていますと、近々、同番組に

 

 

 

ご出演されるそうですね。

 

 

 

数か月前の、同番組の、佐渡裕氏のヨーロッパ紀行編(だったかな?)にも、

 

 

 

お顔を出しておられました。

 

 

 

1929年のお生まれですが、今なお、現役でいらっしゃるようですから、

 

 

 

これは、ご尊敬いたします。

 

 

 

氏に比べれば、私などは、まだまだ“青二才”ということですよね。

 

 

 

定かではありませんが、たしか、氏のご令嬢も、ピアニストとして、

 

 

 

ご活躍ではなかったかと記憶しております。

 

 

 

 

 

 

 

個人的に、フルートには、少々思い入れがありまして、

 

 

 

実は、小生がご幼少のみぎり(笑)、

 

 

 

かの、ビゼー作曲の「アルルの女・第二組曲」の「メヌエット」が、

 

 

 

おおいに気に入りまして、

 

 

 

まあ、以下はくだらぬことになりますので、

 

 

 

やっぱり、割愛いたします(苦笑)。

 

 

 

音楽ファンの皆様方には、「百も承知」の、

 

 

 

“チョー有名曲”ですが、ともあれ、原曲はこちら。

 

 

 

おなじみ、アンドトワさんのサイトです。

 

 

 

http://andotowa.quu.cc/WebSite-Composers/m-bizet1.htm

 

 

 

この上なく、綺麗ですね。フルーティストなら、

 

 

 

誰でも、一度は、ソロで演奏してみたい曲でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回、私にしては珍しく(?)明るい音楽を聴いてみたい気分でして、

 

 

 

フルート曲の音源より、この曲を選んでみました。

 

 

 

ご承知のように、この「四季」という音楽は、元々バイオリン用の曲ですね。

 

 

 

これを、フルートでやってみよう、という“猛者”がいらしたわけで(笑)、

 

 

 

素人の私には、よく分かりませんが、なかなかのテクニックかと思われます。

 

 

 

華やかで、かつ、なんとも鮮やか。

 

 

 

 

 

 

 

でも、プロの音楽家にとっては、“このくらいは朝飯前”なんでしょうけどねぇ。

 

 

 

“猛者”などと書きましたが、実は、邦人女性の方のご演奏です。

 

 

 

では、ヴィヴァルディの「四季より~春:第一楽章」です。

 

 

 

御来訪される皆様にとって、ほんのひとときでも、「癒し」になれば、

 

 

 

幸いではあります。

 

・・・・・・・・・・・(削除)

 

 

 

と、いっても、もう初夏か、あいちゃ~(おしまい)

 

-------

|

« 平原綾香さんのNEWシングルは「新世界」です。 | トップページ | 平原綾香さんの今春のライブが、7/11に放送されます。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

クラシカル・クロスオーバー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴィヴァルディの「四季より~春」をフルートで。:

« 平原綾香さんのNEWシングルは「新世界」です。 | トップページ | 平原綾香さんの今春のライブが、7/11に放送されます。 »