« オバマ大統領、初の議会演説。 | トップページ | 順伊さん。 »

2009年3月11日 (水)

安永徹氏は、ずっと、ベルリン・フィルのコンサート・マスターを務めておられました。

えー----

いろいろな雑事が続き、

イヤなことやら、

辛いことやら、         

落ち込むことやらと(こんなんばっかしやねー)、

長らく更新をサボっておりましたが(苦笑)、

ひとつ、どうしても書いておきたいことがありました。

暗い話題の多い中で、

小生、思わずPCの画面の前で、嬉し涙を流したニュースがあったのです。

音楽ファンの皆様方におかれましては、既にご存じの方も多いかとは思うのですが、

そこで、

「手を抜く」わけではありませんが(苦笑)、

「ええから加減」を自認する、小生の「たわごと」よりも、

当ブログにも、リンクを貼らせていただいております、

「JIROさんの独断的日記」の当該記事を紹介いたします。

(やっぱり、手を抜いております)

それは、

元ベルリン・フィルのコンサート・マスターの安永 徹氏が、

ドイツ国より、勲章を授かったというニュースでした。

私も、拙コメントを投稿させていただきました。

JIROの独断的日記ココログ版: 「ベルリン・フィルの安永徹さん、独政府が勲章授与」←安永さんは勲章が欲しくて音楽家になったのではない。しかし、私は嬉しい。

 

日本人にとって、百年に一度あるかどうか、というほどの、偉業ですね。

前財務相のナントカとかいったオッサンとは、エライ違いです。

いや、こんな比較は安永氏に対し、大失礼・大迷惑でありました、

反省、反省。

申し上げるまでもなく、

プロのコンサート・マスター、それも、世界においても、トップクラスの、

「ベルリン・フィル」のコンサート・マスターを、25年間にわたり、務めるということが、

どれほど、大変なことであるのか。

JIROの独断的日記ココログ版: ベルリン・フィル 第一コンサートマスターを23年間務めている日本人バイオリニストがいます。お薦めCDも。

JIROの独断的日記ココログ版: 「ベルリンフィルコンサートマスター 安永さんが退団へ」←ものすごいショックですが、安永さん、長い間お疲れ様でした。

あらためて、安永氏に、敬意を表するとともに、

御受章おめでとうございます。

と申し上げます。

--------------------

|

« オバマ大統領、初の議会演説。 | トップページ | 順伊さん。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

てんけいさん、こんにちは。

気付くのが遅れてごめんなさい。安永さんの事を書いて下さってありがとうございます。

また、拙ブログにまで言及して頂き、心より御礼申し上げます。

有難うございました。

投稿: JIRO | 2009年3月14日 (土) 20時10分

JIROさんへ 
お忙しい折にも拘りませず、コメントまで頂戴し、恐縮いたして居ります。

“軽薄”、“浅薄“、“生活ひっ迫”を地で行く「てんけい」ならではの、破茶目茶なリンク貼り、まったく非礼千万ではありました。

御寛容なるお言葉をいただき、こちらこそ、御礼申し上げます。
誠に有り難うございました。

投稿: てんけい | 2009年3月15日 (日) 01時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安永徹氏は、ずっと、ベルリン・フィルのコンサート・マスターを務めておられました。:

« オバマ大統領、初の議会演説。 | トップページ | 順伊さん。 »