« あえて、“ベストを超えたベスト盤”と言っておきましょう。~~「川井郁子at カーネギーホール2008」 | トップページ | オバマ大統領、初の議会演説。 »

2009年2月17日 (火)

この季節。(12)~「白い十字架」ヘンリー・アーランドさん。

週末は春、あるいは地域によっては、夏のような気温だったのですが、

 

 

 

今週はというと、またまた、冬に逆戻り。

 

 

 

この暖かさは、北極圏の気圧が低下したことが、“原因らしい”のだそうです。

 

 

 

「原因らしい」と書きましたが、「これだ!」と断言出来ないようなのですね。

 

 

 

ですから、なぜ、北極圏の気圧が低下したのか、ということになると、

 

 

 

これはもう、お手上げ、ということです。

 

 

 

CO2のせいか、オゾン・ホールによるものか、はたまた、単なる「偶然」だったのか。

 

 

 

とにかく、「気候」には、まだまだ分からないことが、いっぱいあるのだそうです。

 

 

 

 

さて、私の場合、秋から冬の頃になると、思い起こされる音楽が、これ。

 

 

 

ヘンリー・アーランドさんの、「白い十字架」。 

 

 

 

春になってからでは、「手おくれ」ですし、

 

 

 

今年の秋まで、こんなブログ、続いているかどうか、保障できません(笑)。

 

 

 

で、あわてて、アップします(苦笑)。

 

 

 

さて、この曲、大ヒットしましたから、御存知の方も、多くいらっしゃることでしょう。

 

 

 

クラリネットの美しい音色が、印象的でしたよね、

 

 

 

管楽器の王様、というと、トランペットとか、サキソフォーン、ということになるのかもしれませんが、

 

 

 

クラリネットが「メイン」の曲って、珍しくはないですか。

 

 

 

ちなみに、クラシックでは、モーツァルトのクラリネット協奏曲が有名でしょうか。

 

 

 

2曲、あったのかな?皆さんのほうが、お詳しいとは思いますが。

 

 

 

モーツァルト2

 

 

 

 

 

 

クラリネット、といえば、思い出すことがひとつ、

 

 

 

小生がご幼少のみぎり(爆)、「チンドン屋」さんなんてのが、非常にポピュラーでありまして、街角を闊歩していたものでありますが、

 

 

 

そう、クラリネットを吹いていましたですねー。

 

 

 

でも、この楽器、そう簡単に音は出ないものだそうです。

 

 

 

ですから、チンドン屋さんっていっても、侮ってはいけないのであります。

 

くだらぬ「たわごと」は、ここらでさておき・・・・・・

 

 

うーん、好きなんですねー、このメロディー。

 

 

 

せつなさと、どこか、感じますネ、ノスタルジー----

 

 

 

「日本人向き」だナー、なんて思ってしまいます。

 

 

 

ところで、作曲・演奏のヘンリー・アーランドさんは、ドイツ人だそうです。

 

 

 

実は、この曲、歌詞の入った曲があるのですね。

 

 

 

ヴィッキー、という女性歌手が歌ってました。

 

 

 

そう、「恋はみずいろ」をヒットさせた、あの歌手です。

 

 

 

LPレコード、持ってました(笑)。

 

 

 

震災後、偶然に彼女のCDを見つけ、トクトクとして、買ってきたことを思い出します。

 

 

そこで、これもアップするつもりでしたが、あるんですよね、You Tube(爆)。

 

 

 

 

カヴァー曲というと、たいてい「本家」より、格段に質が落ちたりしますが、

 

 

 

本曲は、少し日本語歌詞がこなれていませんが(万理村先生、失礼!)

 

 

 

ヴィッキーさんの歌唱力に救われています(また、失礼)、

 

 

 

かなり、いい出来だと思います。

 

 

 

たしか、LPの解説に、「5ケ国語ペラペラ」なんて書かれてあったように記憶していますが、確かに、日本語、お見事ですね。

 

 

 

You Tubeには、数曲、アップされていますので、

 

 

 

カーザ・ビアンカ」もおススメしておきましょう。

 

 

 

お時間あれば、ぜひどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

さて、寒さの続くうちにアップ、と思ってガンバってまいりましたが、

 

 

 

とはいえ、私も、「春待ちれんげ草」、陽春が待ち遠しいのです。

 

 

 

ここで、

 

 

「おマエは、小林幸子かいっ!」って

 

 

 

ツッコミを入れたアナタは、なかなかの「演歌通」ですなあ(爆)。

 

 

 

                     (おしまい)

 

 

 

-----------------

|

« あえて、“ベストを超えたベスト盤”と言っておきましょう。~~「川井郁子at カーネギーホール2008」 | トップページ | オバマ大統領、初の議会演説。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

てんけいさん、こんばんは。

この土日は♪は~るがき~たって歌いたくなりそうな好天でしたが、また冬に戻ってしまいました。
幸せ配達人さんは冬も春先もマスク姿のようですが...(汗)

白い十字架...かつてどこかで聴いたことがある気がしますが、なかなかいいメロディですね。
そしてヴィッキーさんもなかなか達者な日本語で...このジャケットは見覚えがないので家にはレコードがないですね。

>カヴァー曲というと、たいてい「本家」より、格段に質が落ちたりしますが...
これを読んで思わず「本家」Eat You Upを初めて聴いてみました。
荻野目ちゃんのほうが聴きなじみもあるせいか質もいいやって思いました。

投稿: 石ちゃん☆ | 2009年2月18日 (水) 00時24分

石ちゃん☆さんへ コメントを有難うございます。

>幸せ配達人さんは冬も春先もマスク姿のようですが...
そうです、カゼの季節が終われば、「花粉症」ですものね。

>なかなかいいメロディですね。
でしょう!でしょう!でしょう!

>そしてヴィッキーさんもなかなか達者な日本語で...
短期でこれだけの日本語が歌えたら、相当なものですね。
アグネス・チャンさんは、いまだに---(爆)

>「本家」Eat You Upを初めて聴いてみました。
「本家」Eat You Up!!そういえば、聴いたことはないかも、です。
日本語に訳せない歌詞、とかゆーやつ、でしたか?(汗)
そりゃあ、荻野目ちゃんのほうが「健全」でしょう(笑)。

投稿: てんけい | 2009年2月18日 (水) 18時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この季節。(12)~「白い十字架」ヘンリー・アーランドさん。:

» 倖田 來未 コンサート [倖田 來未 コンサート]
チケット予約の難易度の高いアーティストの一人として倖田 來未 もその一角といえると思います。 [続きを読む]

受信: 2009年2月19日 (木) 17時29分

» 伊藤由奈 画像 [伊藤由奈 画像]
伊藤 由奈(いとう ゆな、本名:ユナ・イトウ、Yuna Ito、1983年9月20日 - )は、日本の歌手、女優。身長163cm、血液型A型。マネジメント関連の所属事務所はジャパン・ミュージックエンターテインメント、所属レーベルは [続きを読む]

受信: 2009年2月20日 (金) 04時38分

« あえて、“ベストを超えたベスト盤”と言っておきましょう。~~「川井郁子at カーネギーホール2008」 | トップページ | オバマ大統領、初の議会演説。 »