« 不人気の麻生首相、人気のオバマ大統領。~とにかく大変な時なのですが。(つづき) | トップページ | この季節。(12)~「白い十字架」ヘンリー・アーランドさん。 »

2009年2月11日 (水)

あえて、“ベストを超えたベスト盤”と言っておきましょう。~~「川井郁子at カーネギーホール2008」

カーネギーホールでのライブは、後年における本田美奈子.さんの夢でした。

 

カーネギーホール、といえば、阪神大震災前のこと、

当時はWOWWOWに加入していましたので、そのとき、高橋真梨子さんの、

カーネギーでのライブを鑑賞したことがあります。

いやー、見事なものでした。

まさに、vocalだけで、観客全員をぐいぐい引っ張っていくあの力量…、さすがです。

 

とかくの意見はあることは承知していますが、やはり、アーチストにとっては、

「カーネギーホール」は、ある意味、「聖地」に他ならないのでしょう。

 

さて、そのカーネギーホールで、昨年10月のこと、

バイオリニストの川井郁子さんが、コンサートを開かれました。

これについては、昨年8/3に拙ブログにも記しましたよね。

http://bluesky1010.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_0b78.html

 

 

そして、先月、このコンサートの模様を収録されたCDが発売されています。

Amazon.co.jp 川井郁子 at カーネギーホール 2008 ~新世界~: 川井郁子, 瀧廉太郎, チャイコフスキー, ロドリーゴ, ドヴォルザーク, 成田為三, ピアソラ, パネ(フェビアン・レザ), フェビアン・レザ・パネ, ジョーンズ(ハンク), 渡辺峨山: 音楽

収録曲は、以下のとおり。

~~~~~~~~~~~~~

1. オープニング・アナウンス 

  2. リベルタンゴ(ピアソラ)

  3. エル・チョクロ(ビジョルド)

  4. 水百景(川井郁子)

  5. パッション・イン・ブルー(川井郁子)

  6. サマータイム(ガーシュイン)~MC  ■

  7. 風が運ぶララバイ(川井郁子)■

  8. チャルダッシュ(モンティ)

  9. 夕顔(川井郁子)

 10. 宵待草(多忠亮)

 11. インスティンクト・ラプソディー(川井郁子)

 12. 荒城の月(滝廉太郎)

 13. ホワイト・レジェンド(チャイコフスキー「白鳥の湖」より)  

 14. 恋のアランフェス“レッド・ヴァイオリン”

(ロドリーゴ「アランフェス協奏曲」より)

 15. 竹田の子守唄(京都府民謡)★

 16. 新世界

  (ドヴォルザーク「交響曲第9番『新世界より』より」)

 17. モーニング・トゥー・ザ・フューチャー  (川井郁子)

 18. 浜辺の歌(成田為三)

 --------------------------------------------------------------------------------

(カッコ内は、作曲者)

 ■印・・・ハンク・ジョーンズ氏とのデュオ

★印・・・今回初めて録音した曲

~~~~~~~~~~~~~

一聴、実に魅力的なアルバムです。

リベルタンゴ」、「エル・チョクロ」、「パッション・イン・ブルー」ときますと、

私のような“ラテン系日本人”には、もう、たまりません(笑)。

川井さん独自の世界観ですね。

 

上記の3曲や、バイオリン曲の“定番”ともいえる「チャルダッシュ」では、

「超絶技巧」も鑑賞できます

 

90歳の今もなお御活躍中の、ジャズピアノのHANK JONES氏とのコラボも、聴きどころ。

氏についての写真・記事がありましたので、御紹介しておきます。

96年には、神戸でも公演されました。

BLUE NOTE :THE GREAT JAZZ TRIO HANK JONES, DAVID FINCK, JEROME JENNINGS

 

他にも、日本の叙情歌や、川井さんご自身の作曲による、“和テイスト”の曲も演奏されていますし、ことに、

宵待草」の演奏には、ガラス製のバイオリンが使われています。滅多なことでは聴けない、珍しい楽器です。どんな音色なのか、ぜひ、聴き比べてください。

ガラスのバイオリン | ハリオグラス株式会社

 

 

“新曲”は1曲だけですが、内容的には、「ライブ盤」というよりも、

彼女の魅力のいっぱい詰まった、「ベスト盤」といった位置付けのほうがいいかもしれません。

言われるように、DVDのほうが良かったのでしょうが、それはともかく、

バイオリン界のクロスオーバー」の旗手、

川井郁子さんのCDを、初めて聴かれる方には、もってこいといえましょう。

 

 

最初から最後まで、ミューズの神が舞い降りられたか、あるいは、

私流に申せば、本田美奈子.さんも、後押しなさったかのような(?)、

大熱演です。おススメのアルバムですね。

 

例によって、写真代わりのアフィリですが、

殆どのCD店にもあるはずですし、すぐに取り寄せてもくれます。

(文中一部敬称略)           (おしまい)

川井郁子 at カーネギーホール 2008 ~新世界~ Music 川井郁子 at カーネギーホール 2008 ~新世界~

アーティスト:川井郁子
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2009/01/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

 

 

 

 

 

|

« 不人気の麻生首相、人気のオバマ大統領。~とにかく大変な時なのですが。(つづき) | トップページ | この季節。(12)~「白い十字架」ヘンリー・アーランドさん。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

本田美奈子.さん」カテゴリの記事

クラシカル・クロスオーバー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あえて、“ベストを超えたベスト盤”と言っておきましょう。~~「川井郁子at カーネギーホール2008」:

« 不人気の麻生首相、人気のオバマ大統領。~とにかく大変な時なのですが。(つづき) | トップページ | この季節。(12)~「白い十字架」ヘンリー・アーランドさん。 »