« またも「罪ほろぼし」です。~「ノクターン」平原綾香さん。 | トップページ | 希望はあなたを捨てません,あなたが希望を捨てたのです~「アメイジング・グレイス」 »

2009年1月 2日 (金)

もちろん、年末は「第九」・新年にはワルツなのですが。~~ 「新世界」本田美奈子.さん。

明けましておめでとうございます。

 

と、いうわけで、本年の初カキコ、これがホントの、「書初め」ってことだわ。(笑)

いつまで続くか、わからないブログだけど、ともかく、やってみんべえ。

え?だいじょうぶ、アルコールは入ってませんが、年末&正月ボケです。

ってことは、いつもより、「ボケ」に念が入ってる、ってことです。(笑)

 

年末・年始には、オイラ、これまで、

平原綾香さんの「スタート・ライン」、

      ↓

SAPPARI WAYA: 年末には「第九」。ですが(補足済)

また、パーシー・フェイスの「シンシアのワルツ」をオススメしてきたよね。

      ↓

http://bluesky1010.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post_1439.html

ただ、今年ねえー----、社会情勢を見てると、どうだかねえ。

「ハケンギリ」なんて言葉が飛び交うのだけど、イヤな言葉だ。

うすら寒くなるよ。それじゃあ、まるで、時代劇の「辻斬り」みたいなもんじゃないですか。

「後期」高齢者---あのフレーズを思い出したよ。

 

日比谷公園には、失業者が250人ほど、炊き出し等の支援を受けに来られたらしい。公園のテントのキャパも、いっぱいだから、NPOは、学校等の避難施設の活用を要請してるようだけど、これは、やるべき、だよね。

 

オイラ、阪神淡路大震災で、一夜だけ、高校の体育館で過ごしたけど、

      ↓

http://bluesky1010.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_0586.html

夏ならともかく、この冬の時期だと、とても、体がもちません。

壁にかかっていた柔道着の下、つまりズボンを敷いてね、上着を掛けて寝たわけ。

体育館だから、屋外じゃなくて、屋根も、壁もあるのだけど、ガタガタ震えて、眠れるもんですか。

それも、仰向けにならず、つまり、背中全体をつけないでね、片方の肩を下にして寝るわけ。

そう、お釈迦様状態ですよ。(苦笑)そのほうが、少しでも、体温が床から逃げるのを減らせるからね。でも、いっしょ。あの寒さでは、寝られません。

 

「見よう見まねで、段ボールを敷いて、新聞紙を体に巻きつけてみたが、

寒すぎて-----」という元派遣労働者の談話があったけど、わかるよねー。

 

施設の開放について、役所は、きっと「災害時でもないのに」とか「前例がない」とか言うのだろうけど、

麻生首相も、「100年に一度の経済危機だ」って言ってるでしょ。

なら、そのくらいの対策はやらなきゃあ。

 

東京、だけじゃないから。神戸でも、同様の事態が起きてます。

東神戸遊園地は、日比谷公園と同じ状態です。

きっと、全国各地もいっしょ、だろう。

 

いったい、どこが、「経済大国」だっつうの?

いつから、日本は、こんな情けない国になったのだろう?

 

 

§「新世界」。本田美奈子.さんの最後のシングル。

話を戻します、また、いずれ、この話はゆっくり、と思うのだが、

その間に、状況が進展していくのが常でして、なかなか、うまくいかない。

もっとも、「政治オンチ」のオイラには、取り上げるには難物、だけどね。(苦笑)

 

 

というわけで、本田美奈子.さんの「新世界」なんだけど、

本当は、別の曲を考えていた。歌謡曲の「ワルツ」ですわ。

え?先日、逝去された遠藤実先生の「星影のワルツ」だろうって?

いいえ、そんな“ストレート”は、「てんけい」は投げないよ。(笑)

今の暗いご時勢、予定していた「暗いワルツ」はやめときます。

 

「新世界」、といえば、昨年の川井郁子さんのライブを思い出すね。

20000円のチケットが、タダで手に入って、ホント、ラッキーだったわ。(笑)

      ↓

http://bluesky1010.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_0b78.html

川井さんも、次代の地球を担う、子供たちへの「生命の賛歌」― これが、このCDの主題です、と語っておられましたが、

本田さんの「新世界」も、うーん----どうだろ----

「歌」というより、「祈り」に近い。そう、思う。

 

原曲は、いうまでもなくドボルザークの「交響曲第9番」。

あれあれ、クルマのTV-CM、女性指揮者の西本智実さんが出演されてるやつ、

あの曲です、もっとも、CMで流れてるのは第四楽章、本田さんのは、第二楽章だけど。

あ、これ、合ってる?まあいい、(笑)

 

これね、作詞は、実は、本田美奈子.さんご自身の作品です。

ま、知ってる人は知ってるけど。(笑)

この詩、いいよねー、好きです。

 

1番と、2番があるんだけど、2番が、意味シン、かな。

えーと、2番だけなら、いいか、(笑)書いちゃいますね。

 

 

「消えるこころ 持つならば

実るこころ 与えよう

そっと そっと 少しずつ

明日の 花を 咲かせよう

守りたまえ この世界

永遠(とわ)につづく 幸せを 幸せを---

 

 

本田さんの美しいvocal聴いてるときは、気がつかなかったけど、

文字に起こすと、このフレーズ、

「消えるこころ 持つならば 実るこころ 与えよう」

うん、考えてしまいますね。

 

ここから先は、本田さんの作意をはずれた(?)「てんけい」流の私論です、

「雑談」の極致です、が、本人的には意外とマジメ、です(笑)

 

 

「消えるこころ」を、「たよりない、危うげな心」と解するならば、

「迷い」・「怒り」・「嫉妬」に満ちた、人間の煩悩と、とらえることも可かもしれない。

然るに、「煩悩即菩提」、つまり、「煩悩」があればこそ、「悟り」を開くことができる、

これは、大乗仏教の「イロハ」である。

よって、「実るこころ」とは、「菩提心」(=菩薩の境地)ではないか。

 

浄土の真宗の宗祖、親鸞聖人ならば、

「消えるこころ 持つなれば  実るこころ 与えよう」

と、強引に言い換えたかもしれない。(笑)

 

さて、「浄土の真宗」といえば、思い出されるのが、

本田さんのお言葉、

「私は、太陽になりたい」である。

拙ブログ、「『歎異抄』は親鸞の思想ではない」から引用すると、

      ↓

http://bluesky1010.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_6837.html

 

---------

「阿弥陀仏(=阿弥陀如来)」とは何か、というと、その別名を、 

「尽十方無碍光如来」(じんじゅっぽうむげこうにょらい)といいます。 

“その放つ光は、さえぎられることなく、十方世界を、ことごとく照らす”という意です。 

ですから、このように表現することができます。 

阿弥陀仏とは「光」であり、「智恵」であり、また「真理」そのものであります。 

更に、具体的に言い換えるならば、阿弥陀仏は、「太陽」である、といえましょう。 

親鸞の言葉を借りますと、 

~~~~~~~~~~~~ 

「数知れない世界に、なにものにもさえぎられない智恵の光をお放ちになるから、尽十方無碍光仏と申し上げる。この仏は光ばかりのお姿で、色も形もおありにならない。」 

            (「唯心鈔文意」現代語訳:石田瑞麿氏) 

~~~~~~~~~~~~

だから、本田さんの、そのお話を聞いたとき、

「そうか、本田さんは阿弥陀仏になりたい、とおっしゃってらしたのか」

と、強い感銘を受けたのを憶えている。

 

「消えるこころ」とは、「無常観」、ないし「万物は流転する」との仏教の宇宙観にもとづくもの、

であるなら、「生あるうちに、悟りを開けよ」というのが、

阿弥陀仏の「大慈悲心」である。

ここでのポイントは、「与えよう」という言葉。

「絶対他力」の浄土の真宗においては、「念仏」も、「信心」も、「悟り」も、

人間の所為にはあらず、

阿弥陀仏より、差し向けられたものに他ならない。

 

つまり、本田美奈子.さんの「新世界」は、

浄土の真宗」の摂理を、よく表している、と申せます。

 

本田さんのスゴいところは、このようなことが、「アタマ」ではなく、

おそらく、全人格的なところから、滲み出てきたものだと思う。

それでないと、こんな詩、書けません。

 

ご闘病中にも、たくさんの草稿を残されたか、あるいは、

新しい詩作のイメージがいくつも、おありになったのではないだろうか。

かえすがえすも、残念です。

 

----------------

さて、皆様方には、「てんけい」のくだらぬ“法話”にダマサれることなく、

本田さんの「新世界」をご鑑賞していただきたく思います。(笑)

オススメのCDはこれ、「本田美奈子.クラシカル・ベスト~天に響く歌」です。

      ↓

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000NOISDY/nifty05-nif1689-22/ref=nosim

前にも、御紹介しましたが、このCDにはDVDが付いていまして、

そのDVDでは、この「新世界」、それに「つばさ」「AVE MARIA」の3曲が、

映像付きで鑑賞できます。

ことに、「新世界」は、我が国最高のオーケストラの一つ、

NHK交響楽団に、「ソリスト:本田美奈子.」として招かれての共演時の映像です。

是非とも、聴いて、また、観ていただきたい。

私的には、児童、お子様にも鑑賞願いたいですね。

きっと、得るものがあろうかと。

本田美奈子.クラシカル・ベスト~天に響く歌~(DVD付)

 

 

さて、この新年が、本田さんの祈りのように、全世界の人々に幸多かれ、

と願うばかりです。

 

もっとも、「祈り」だけでは、世界は変わらないのだけど。

というところで、雑談は「おしまい」にします。

-------------

PS:原曲解説は、例によって、アンドウトワさんです。

     ↓

ドヴォルザーク1

さて----、どうしょうか、お正月だから、まあ、いいか!

ってわけで、本田さんの「新世界」、毎度おなじみのYou Tubeです。

初めて観られる方、カンゲキするよー、きっと。

DVD所収の映像とは、別のものです)

     ↓

http://jp.youtube.com/watch?v=D8ywTk6pRr0

川井郁子さんの「新世界」もどうぞ。本田さんのファンとして、何かとお世話になっていますので(←謎)。春には、新作CDを出されるご予定。

新世界(初回限定盤)(DVD付) 新世界(初回限定盤)(DVD付)

アーティスト:川井郁子
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2008/07/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

 

|

« またも「罪ほろぼし」です。~「ノクターン」平原綾香さん。 | トップページ | 希望はあなたを捨てません,あなたが希望を捨てたのです~「アメイジング・グレイス」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

本田美奈子.さん」カテゴリの記事

浄土の真宗」カテゴリの記事

クラシカル・クロスオーバー」カテゴリの記事

コメント

てんけいさん、あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。


新年から、気合いの入った長いメッセージお疲れさまです。

目下の経済が厳しい見通しなのはさんざん言われていることですが、技術の進歩は日々続いております。
それとともに需給のミスマッチもできるだけ少ない痛みで解消できる術、再起のための機会を提供する術も進歩していけばなぁと思うばかりです。

美奈子さんの新世界...改めて優しさあふれる歌詞と感じますね。
とある「幸せ配達人」の方と気脈を通ずる部分もまた改めて感じました。

てんけいさん、またお逢いしましょう!

投稿: 石ちゃん☆ | 2009年1月 3日 (土) 00時52分

てんけいさん、おじゃまします。

 新年あけましておめでとうございます

  本年もよろしくお願い申し上げます

書き始めは、いつものタッチとは違うなぁ と思いましたが、〔浄土真宗〕の辺りからてんけいさんらしい「深い」内容になって行き、あらためてこちらのブログは「宝石箱」であると感じました。

美奈子さんの曲は、昨日(2日)はALWAYS LOVE YOU、タイスの瞑想曲、TIME TO SAY GOODBYE、JUPITERといったところを繰り返して聴いておりました。

本年もどうでもいいコメントを書いてお邪魔させて頂くことになると思いますが、どうぞ宜しくお願い致します。


投稿: 西日本 | 2009年1月 3日 (土) 01時57分

石ちゃん☆さんへ 
新年あけましておめでとうございます。
こちらこそ、よろしくお願い申し上げます。
コメントを、有り難うございました。

>新年から、気合いの入った長いメッセージお疲れさまです。
長くなりましたネ----。急に、気が変わって、取り上げる曲を変えたことも、関係あるかな---無いかな?(笑)思いつくまま、打っていたら、こんなん、ですわー。
>再起のための機会を提供する術も進歩していけばなぁと思うばかりです。
おっしゃるとおりです。しかも、迅速に、ですね。
>とある「幸せ配達人」の方と気脈を通ずる部分もまた改めて感じました。
「まり子先生」ですね?あの方のメッセージは、いつもあたたかくて、しかも、考えさせられますね。1月の文章も楽しみです。
>またお逢いしましょう!
ハイ、こちらこそ、です。

投稿: てんけい | 2009年1月 3日 (土) 10時57分

西日本さんへ
新年あけましておめでとうございます。
私の方こそ、よろしくお願い申し上げます。
早速にコメントを頂戴し、有り難うございました。

>あらためてこちらのブログは「宝石箱」であると感じました。
身に余るお言葉、有り難うございます、ですが、冷静に見まして当ブログは、
「オモチャ箱」をひっくり返したようなモノ、といった辺りが妥当なところでしょうか。

>本年もどうでもいいコメントを書いてお邪魔させて頂くことになると思います
いえ、温かいコメントに、いつも励まされております。
お時間があれば、いつでも、お立ち寄りいただければ、幸甚に存じます。

投稿: てんけい | 2009年1月 3日 (土) 11時16分

こちらでも、明けましておめでとうございます。
てんけいさんにとって素晴らしい2009年となりますように!

投稿: oha | 2009年1月 3日 (土) 17時21分

>ohaさんへ 
新年あけましておめでとうございます。

こんな「わやくちゃ」なブログに、御来訪、更に、コメントまでいただき、感謝の念でいっぱいです。本当に有り難うございます!
とにかく、健康が一番、体に気をつけて、良い年にしましょうね!

投稿: てんけい | 2009年1月 3日 (土) 18時06分

明けましておめでとうございます。てんけいさん、はじめまして。stardustclub 経由で訪問しました。・・・「てんけい」の妄想CD。・・・は、傑作ですね。てんけいさんは才人ですよ。私の母が美空ひばりの大ファンなので、幼少の頃より良く美空ひばりの曲を聴かされていました。てんけいさんの文章を拝読して、本当に、美奈子様が歌う美空ひばり名曲集を試聴している気分になりました。愉快、痛快、気分全快、になりました。名文、読ませていただきありがとうございました。

投稿: 川崎の浩明 | 2009年1月 4日 (日) 18時08分

川崎の浩明さんへ 
明けましておめでとうございます。
ようこそ、かような辺鄙なブログにお越しくださいました。
その上に、コメントまでいただき、誠に有り難うございます。

>てんけいさんは才人ですよ
過分なお褒めのお言葉、ただただ恐縮です。

>本当に、美奈子様が歌う美空ひばり名曲集を試聴している気分になりました。
愉快、痛快、気分全快、になりました。
そのようにおっしゃっていただき、何より嬉しく思います。有り難うございます。
美奈子さんも、今頃、思う存分、ひばりさんのお歌を、歌っていらっしゃるのかなあ----。

投稿: てんけい | 2009年1月 4日 (日) 19時01分

迎春 明けましておめでとうございます。
(いまさらですが…)今年もよろしくお願いします。

いやぁ、しょっぱなから本田さんですか。まいりました。この年末年始は、ほぼ家にこもって編集をしてました。個人的には穏やかなスタートでしたが……。年越派遣村は、「100年に一度」という危機意識を持っているなら、首相自らが率先してやるべきですけど、見事に動きませんでしたね。活動をするボランティアの温かい心には心動かされますが、政府与党の鈍感と無責任、及びそれを追及しきれずに「美談」風にまとめようとするマスコミの甘さは問題ですね。

今年が良い1年になりますように。

投稿: TAC | 2009年1月 5日 (月) 21時46分

TACさんへ
新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
コメントを、有り難うございました。

>いやぁ、しょっぱなから本田さんですか。まいりました。
「落ち込んだときには、暗い歌」というのが、日本人のある意味、「習性」なのですが、あまりにも暗い世相に、本田さんの「祈り」を選択した次第です。

>政府与党の鈍感と無責任、及びそれを追及しきれずに「美談」風にまとめようとするマスコミの甘さは問題ですね。
TACさんのおっしゃるように、この件に関しましては、マスコミ、また、与野党すべての問題意識を疑わざるを得ないと思います。

>今年が良い1年になりますように。
そうですね。「政治決戦の年」などと、威勢のいい言葉は聞かれますが、私には----、あくまで、私見ですが、何ら明るい展望は見えてこないのです----。

投稿: てんけい | 2009年1月 6日 (火) 20時03分

てんけいさん、こんばんは。
レスくださり、ありがとうございます。

>>とある「幸せ配達人」の方と気脈を通ずる部分もまた改めて感じました。
>「まり子先生」ですね?あの方のメッセージは、いつもあたたかくて、しかも、考えさせられますね。1月の文章も楽しみです。
はい。おっしゃるとおり「まり子先生」です。いつもメッセージを読んでくださっておられること、嬉しく思います。
1月のメッセージはまだですが、いずれ出てくると思います。

>「落ち込んだときには、暗い歌」
結構昔のアニソンになりますが、小公女セーラというアニメの主題歌「花のささやき」を最近落ち込んだ時に聴いたら、なんか心にしみてしまいました。

>何ら明るい展望は見えてこないのです----。
世間を見ると、すべて真っ暗というわけでもないと思いますし、どこかから照らし出す光がいくつか出てくるのではと思ってます。
もっとも我が足下に明るい展望があまり見えてきてないので、できるものなら何とかしなきゃ...とは思っております。(^^;
てんけいさんもどうぞお元気でいてくださいね。
また機会あれば、オフ会もいいですね!(^^)

投稿: 石ちゃん☆ | 2009年1月 9日 (金) 00時01分

石ちゃん☆さんへ 
コメントを、有り難うございます。レスが遅れまして、申し訳ありません。

>おっしゃるとおり「まり子先生」です。
今月のメッセージですが、まり子先生、「薬用養命酒」を、飲んでいらっしゃるのですね!実は、昨年まで、私も、養命酒を飲んでいました。ただ、まり子先生が書かれていたほどの、効果は??でしたが。(苦笑)
まり子先生もおっしゃるように、「1日3回」は、とてもムリですので、先生とまったく同様、寝るまえに、2杯、または3杯飲んでいました。
開封してないnewボトルがありますので、さっそく、今晩から、再開してみようか、と。これが、私の「新年の抱負」、です(爆)。
ちなみに、養命酒のパッケージの模様は、酒屋と薬局とでは異なっています。でも、中身は同じ、と聞いたことがあります。(←どーでも、いい話)

>世間を見ると、すべて真っ暗というわけでもないと思います
そうそう、確かに、自分でみつける努力も必要ですね。

>小公女セーラというアニメの主題歌「花のささやき」
ハイ、存じません(爆)。
さっき、詞を検索してきましたが、なかにし礼先生の、美しい詩がテーマソングだったのですね。

>てんけいさんもどうぞお元気でいてくださいね。
温かいお言葉、ホントに、ありがとう!
新年だから、もうちょっと、元気の出るような文章を書いてみようか、と思います。

投稿: てんけい | 2009年1月10日 (土) 18時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もちろん、年末は「第九」・新年にはワルツなのですが。~~ 「新世界」本田美奈子.さん。:

« またも「罪ほろぼし」です。~「ノクターン」平原綾香さん。 | トップページ | 希望はあなたを捨てません,あなたが希望を捨てたのです~「アメイジング・グレイス」 »