« もちろん、年末は「第九」・新年にはワルツなのですが。~~ 「新世界」本田美奈子.さん。 | トップページ | 不人気の麻生首相、人気のオバマ大統領。~とにかく大変な時なのですが。 »

2009年1月12日 (月)

希望はあなたを捨てません,あなたが希望を捨てたのです~「アメイジング・グレイス」

昨年の秋、だったと思います、いわゆる、「番組改編期」でしたから。

ラジオをつけると、MBSアナウンサーの水野晶子さんが、自分の担当されている番組が打ち切られる、ということで、ボロボロと泣いていました。

私には、「放送中」ということすら忘れて号泣している、そんなふうに感じられました。

よほど、無念だったのでしょうね。

私は、その番組の熱心なリスナーでもなかったので、詳しい事情は分かりませんが、想像するに、

水野さんは、これまでずっと、報道・ニュース畑で、巨大マスコミという制約の中で、常に市民の側に立った報道を続けてこられましたし、リスナーの安定した支持も得られていたと思います。

ちょっと、たいそうな言い方かもしれませんが、

“ジャーナリストとしての自負心”(と、書けばご本人は否定されるかもしれませんが)、のようなものがあったのかもしれません。

“大人の事情”による、番組改編、とはいえ、どうにも、気持の整理がつかなかったのでしょう。

そのとき、東京のスタジオから、番組のコメンテイターの近藤勝重氏が、

(氏も、ちょっと、“ウルウル“状態でしたが)

「水野さん、こんな言葉があるじゃないですか」

と、彼女に諭すようにおっしゃった言葉が、これでした。

 

希望はあなたを捨てません。あなたが、希望を捨てたのです。

 

アメリカの精神科医、ジョージ・ウェインバーグ氏の言ですね。

なるほど、含蓄のあるフレーズです。

~~~~~~~~~

2009年がどういう年になるか、まだ明けたばかりのことですが、私には、どうも、明るい未来の“兆し”すら見えてこない。

 

「いったい、日本はいつから、こんな情けない国になったんだろう?」

って、つくづく思います。

もっとも、“そんな政府を選んだのは国民ではないか”というところになるのだけれども。

麻生総理が、

「定額給付金は中止します」

って言えば、少しは、気分も晴れるかな。

「政権交代」といっても、私は、民主党の小沢代表は、信用できません。

などとまあ、愚痴にはキリがありませんので、本日のタイトルの言葉を心に刻んで、

ボチボチと、そう、ボチボチがいい、のです。

あわてずに、いきましょう!

 

§新春特別企画~「アメイジング・グレイス」をアップしてみます。

ココログの規格が変わり、音楽ファイルがアップできなくなりました。

で、無い知恵を絞り、テストを兼ねて、やってみたのですが。

本田美奈子.さんの「新世界」につづき、本年の幸せの願いを歌によせてみます。

AMAZING GRACE」といえば、もちろん、本田美奈子.さん、ヘイリーさん、

そして、洋の東西を問わず、星の数ほどの歌手の方々が歌っておられますが、

今回は、「期待の新星」です。

将来、日本の音楽シーンを背負って立つかもしれない、

そんな気もしています。

こんなくだらぬブログを、ご訪問してくださる方々への、

私からのささやかな“新春プレゼント”、と申し上げたいのですが、

WINDOWS MEDIA PLAYER」でしか、再生できないかも、です。

あまり、気の利いたアップロードでもないので、

「期間限定」になるかも、と言い訳をしつつ。(苦笑)             http://cid-e9152294ce18079f.skydrive.live.com/browse.aspx/%e5%85%ac%e9%96%8b/MUSIC

PS: 幸い、水野晶子さん、近藤勝重氏の「コンビ」は、内容、時間帯を変え、

現在も、番組を担当されていらっしゃいます。

近藤勝重氏の御著書の紹介。

しあわせの雑学―一日一杯の読むスープ (幻冬舎文庫) しあわせの雑学―一日一杯の読むスープ (幻冬舎文庫)

著者:近藤 勝重
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

---------------

|

« もちろん、年末は「第九」・新年にはワルツなのですが。~~ 「新世界」本田美奈子.さん。 | トップページ | 不人気の麻生首相、人気のオバマ大統領。~とにかく大変な時なのですが。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

本田美奈子.さん」カテゴリの記事

クラシカル・クロスオーバー」カテゴリの記事

コメント

てんけいさん、おじゃまします。

>MBSアナウンサーの水野晶子さん
正直、存じませんでした。昔でしたら「どんな方なのだろう。」で終わっていたでしょうが、インターネットの力というものは凄いです。ほんの数分間で水野晶子さんの略歴と顔が分かってしまうのですから。

業界は違いますが、私も人事異動の“駒”として“利用”されたことが数回ございますので水野さんのお気持ちはなんとなく分かります。
組織の中で生きて行くためには、自分の本意は殆ど受け入れられないことを悟るべきであると思います。

____________________

WMPで聴いてみました。
美奈子さんの〔アメイジング・グレイス〕が一番だと思っております私ですので、この様なことを書いてしまうのだと思いますが、この歌手の高音の一部の音が耳に突き刺さる様に感じられるものがございますので、美奈子さんが一番だとあらためて思ってしまう心の狭い私です。
>無い知恵を絞り
と仰いますが、てんけいさんは素晴しい頭脳をお持ちの方であると再確認しました。

____________________

漠然と感じたことですが、てんけいさんが猫の手も借りたいと仰います12月の更新が昨年は多いように思いましたが、不景気の波によるあまり良くない意味での“時間の余裕”がお有りだったのでしょうか。

投稿: 西日本 | 2009年1月18日 (日) 01時44分

西日本さんへ いつも、コメントを有り難う存じます。

>MBSアナウンサーの水野晶子さん
チャーミングな妙齢の女性でしょう?かつ、「大酒呑み」でいらっしゃいます(笑)。
(冗談ですよー)
今、日本のマスコミが、「総エンターテイメント化」して、良質の報道番組が少なくなってきている、そんな危惧を、彼女は感じられたのではないでしょうか。

>組織の中で生きて行くためには、自分の本意は殆ど受け入れられないことを悟るべきであると思います。
残念ながら、そのとおりですね。
「会社の中では、個人はひとつの歯車にすぎない」
なんてことを言う人もいますが、「歯車」ならば、もしも、無くなったら、
その機械(会社)は動かなくなります。
要するに、単なる「歯車」にすらなり得ない、というのが、多くの場合、現実なのです。
>美奈子さんが一番だとあらためて思ってしまう心の狭い私です。
率直なご感想、有り難うございます。申し上げるまでもなく、音楽は一人一人が、それぞれ自由に感じとるものですから。
「心が狭い」なんて、おっしゃらないでください。

さて、この女性ですが、この曲を録音されたとき(昨年)、たしか15-16才くらいだったと思います。ですから、体もまだ伸び盛り、当然ながら、お声もまだ、出来上がってはいないわけですね。
裏を返せば、この段階でこれだけ歌える、ということは、かなりの素質をお持ちである、というべきかもしれません。

>12月の更新が昨年は多いように思いました
忘れています(笑)、そうだったかも、ですね。
昨年は、元旦早々に出社して、帰宅してから寝込んでしまい、「史上最悪の正月」になったことは、ハッキリと覚えています(苦笑)。
「妄想CDのあとがき」以外は、時間に追われつつアップしましたので、意を尽くせぬ文章になってしまいました(汗)。
「不景気の波」----それは、実感しますね----。

投稿: てんけい | 2009年1月19日 (月) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 希望はあなたを捨てません,あなたが希望を捨てたのです~「アメイジング・グレイス」:

« もちろん、年末は「第九」・新年にはワルツなのですが。~~ 「新世界」本田美奈子.さん。 | トップページ | 不人気の麻生首相、人気のオバマ大統領。~とにかく大変な時なのですが。 »