« NHK大阪「本田美奈子・ボイスレター展」へ行ってきました。 | トップページ | 人間はその存在だけで、他者を傷つけてしまう。---再び、フジTV「エチカの鏡」について。 »

2008年10月22日 (水)

フジTV「エチカの鏡」について、一言。

なんだか、このところ、本田美奈子.さんについてばっかり、になっていますが(苦笑)

10/19のフジTV「エチカの鏡」について、「ついで」ですから、ちょこっと。

私、ある程度、期待はしてましたが、見事に、はずされた感じがしてます。

一見、「ドキュメント」の体裁のようで、実は、「エンターテイメント」番組の作りになってましたね。

だから、視聴者を無理にでも(苦笑)、泣かせようとする。

この番組「エチカの鏡」のネライは、まさに、これ1本、これしかない。

本田美奈子.さんに関してはどの番組も、大なり小なり、そういった傾向はあるものですが、今回は純然たる「エンターテイメント」の扱いだけに、特に気になりました。

私自身は、本田さんの音楽性の高さについて、

せっかく御出演なさっていたのですから、大地真央さん、斉藤由貴さんのコメントを、もっともっと、伺いたい気持がありましたが。

ナースステーションでの写真、うん、もちろん、あの写真は何度見ても、胸がいっぱいになるのですが、

「これが彼女のラストコンサートでした」---などといわれると、

私としては、

「そんな矮小化は、やめてくれ」

と、言いたくもなります。

 

TVですから、時間の制約が大変なのは、百も承知ですが、

 

「白血病」についての、今少しの説明、及び、「骨髄バンク」の紹介も、もう少しは、なされないと、「片手落ち」ではないでしょうか。

そんな感じを抱いた番組ではありました。

(まあ、「バラエティー」だから、仕方ないか

本田さんを、取り上げていただいたことは、嬉しいんですけどネ)

                         (おしまい)

---------------

アメイジング・グレイス (DVD付)

|

« NHK大阪「本田美奈子・ボイスレター展」へ行ってきました。 | トップページ | 人間はその存在だけで、他者を傷つけてしまう。---再び、フジTV「エチカの鏡」について。 »

音楽」カテゴリの記事

本田美奈子.さん」カテゴリの記事

コメント

てんけいさん、おじゃまします。

>なんだか、このところ、本田美奈子.さんについてばっかり、になっていますが

私は大歓迎です。

>私、ある程度、期待はしてましたが、見事に、はずされた感じがしてます。

同感です。
私は〔 天使になった歌姫 〕の超縮小版の様な、パンフレットにもならない、片面印刷のリーフレットの様な感じがしました。
でも、まだフジTVさんが取り上げてくださるだけ有難いと思います。
私は思うのです、美奈子さんが超長期旅行に出発なさってからもうすぐ3年になります。4月20日近辺、7月31日近辺、11月6日近辺には美奈子さん関連のイベントが開催されています。おそらく2009年も2010年も何かあると思います。しかし、10年後、20年後はどうなっているのでしょうか。そのことを考えると美奈子さんが風化されてしまうのでは、という思いが頭の中で渦巻きます。

――――――――――――――――――――

↓ の私のコメントの中で〔ら抜き言葉〕を使ってしまいました。「観れなかった」ではなく「観られなかった」です。また私の知性の無さが露呈してしまいました。知性が売買できるものならば、てんけいさんの知性をほんの少し分けていただきたいと思います。


投稿: 西日本 | 2008年10月22日 (水) 21時08分

西日本さんへ コメントを有難うございます。
「くたびれたサラリーマンの拙ブログ」にとりましては、温かいお言葉、元気が湧いてきます(笑)。

上の私の文章、まことに大雑把でしたね。

<「白血病」についての、今少しの説明、及び、「骨髄バンク」の紹介も云々

と書きましたのは、
一般の視聴者を「泣かせよう」とすることについては、もう、とやかく申しませんが、

国内に大勢おられ、現に今も、美奈子さんと御同様に、
白血病と日々闘っておられる方々が、
あの「エチカ---」をご覧になられたら、どんなだろうか、

ということなのです。

TV局側には、そんな意図はなかったこととは、存じますが、

結果として、白血病の患者の皆さんを、傷つけることにならないか。

他の件とは異なり、これは、「ヒトのいのち」にかかわることですから、
「エンターテイメント」だと、わかっていても、あえて記しました。

「現在の医療技術、骨髄バンクの体制等について、あと一言、あって然るべき。

最も必要なのは、

現在の患者の方々に対するエールではないか」

そう、思った次第です。

投稿: てんけい | 2008年10月23日 (木) 10時31分

僕は、本田美奈子さんとは違う白血病(リンパ性)で闘病生活中です。
やはり患者からいえばまともに見ていてつらかった、というのが本音です。

もう少しいろいろ紹介して欲しかったです。仕方ないのかもしれませんが……残念でした。

投稿: 患者の一人です。 | 2008年10月23日 (木) 21時04分

「患者の一人です。」さんへ はじめまして。
このたびは、かような「わやくちゃな」ブログにご訪問、また、ご療養中にもかかわりませず、コメントまで頂戴し、有り難う存じます。
初めに、所用が重なりご返事が遅れましたことを、お詫びいたします。

>やはり患者からいえばまともに見ていてつらかった、というのが本音です。
そのような、ご感想を持たれた方は、少なくないと思います。
番組の作り方が、あまりに「紋切り型」で、また、患者の方への配慮が足らなかったことは、私も、大変、残念でした。

ただ、これは、TV局への苦言、それも、もちろんですが、
私自身もまた、そういった面について、これまで、決して十分ではなかったことも、
このたび痛感した次第です。

さて、「ドナー登録」さえ、出来ぬこの身では、言葉に詰まる思いがしておりますが、

私は、あの「阪神淡路大震災」を経験いたしました。
家屋は、全壊でしたが、なんと言いましょうか、
「偶然」の積み重ねで、今もこのような、サラリーマン暮らしを続けております。

家に帰ったら、ただちに寝るだけ、
TVも、なかなかゆっくり見る時間が無い、というのが実情です。
クルマの中で、好きな音楽を聴いているのが、リラックスタイムでしょうか。

よろしければ、「ごちゃまぜ」のようなつたないブロクですが、
また、ご訪問していただけませんでしょうか。
おもしろいTV、本などがありましたら、ぜひ、教えてください。

関西では、日中はどうかしたら、暑いくらいにもかかわらず、
朝夕は、めっきりと、冷えます。
実は、私は、これからの季節、「寒さ」は大の苦手です。
今から、春が待ち遠しいのですが(苦笑)、
どうか、お気をつけてお過ごしくださいますように。

この度は、本当に有り難うございました。

投稿: てんけい | 2008年10月25日 (土) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フジTV「エチカの鏡」について、一言。:

« NHK大阪「本田美奈子・ボイスレター展」へ行ってきました。 | トップページ | 人間はその存在だけで、他者を傷つけてしまう。---再び、フジTV「エチカの鏡」について。 »