« 芥川龍之介の自筆の遺書、発見さる。 | トップページ | 北野武監督が「拉致」を映画に? »

2008年8月 3日 (日)

あのヴァイオリンこそ、「歌声」そのものです。~川井郁子さんライブ

8/1川井郁子さんのディナー・ショーに行ってきました。

ディナー・ショーなんて、何年ぶりかなあ?

YOKO(注:荻野目洋子)以来だから、両手の指でも足りないくらい(笑)。

ずいぶん、リッチな話、と思うでしょ?

 

これには、ワケがありまして、

大阪MBSラジオの深夜番組「大人のわがまま どっとアナマスターズ」

をたまたま聴いていると、川井さんのディナー・ショーのチケットが当たる懸賞のことが、放送されたのです。

このショーのことは、ずいぶん以前から知ってはいましたが、仕事の関係上、

曜日・時間帯が、かなりキツいので、チケット購入は見合わせていました。

 

「運試し」の気分で、といいつつ、こんな夜中の番組の、こういう企画だから、確率はずいぶん高いかも、と考えながら応募しました。

予想的中、見事、当選です。

 

~~~~~~~~~

ところで、私と、川井さんとの関わりですが…。

 

 

それこそ、ン十年前の話、小生が御幼少のみぎり(笑)、

楽器メーカーのヤマハが、オーディオ部門に進出し、ステレオセットを発売したときのことです。(確か、「ヤマハNS(=Natural Sound)システム」というブランドでした)

 

で、モニター家庭に選ばれまして―こんなんばっかしやねー(笑)―

ラジオ関西から、スタッフと、DJ末広真樹子(当時)さんが来られました。

 

後日、オン・エアされる番組のオープニングにかける曲を選ぶとき、リストを一目見た私は、居並ぶ家族を差し置いて、

 

「あ、これがいい!」と選んだ曲が、

 

マイアミ・ビーチ・ルンバ」でした。

 

どゆーわけか、当時、クラシックもですが、ザビア・クガートのナンバーとか、ラテン系の曲をよく聴いていたように思います。

今は、あんまり聴くこともないのですが、

「オイラには、ラテン人の血が流れてるのだ」

なんてこと、正気で思ってました。(←アホな子供ですわー)

 

ですからネ、

川井郁子さんのヴァイオリンを初めて聴いたとき、

 

「この人の前世も、オイラと同じラテン系かな」

 

なんて風に感じたのですが(やっぱし、アホやー!)、

とにかく、メロディアスで、パーカッションを強調した、あまりに新鮮なサウンドにビックリしたことを、よく覚えています。

 

~~~~~~~~~

さて、ゲンキンなもので、20000円のチケットが手元に来れば、

仕事など放り出して、会場へ一目散(爆)。

 

席は、最後部より、2列目、さすがに、“招待席”です(苦笑)。

ディナー・ショーなので、ホテルの豪華な料理も「注目」のひとつなのですが、

いや、フランス料理なんてのは、私の口には、あまり合いません(爆)。

 

いよいよコンサートの始まり、川井さん、淡い水色のロングドレスに身を包まれてのご登場です。

共演者は、ピアノ、または、尺八という、いたってシンプルな構成。

ただ、私は、初めて聴きましたが、川井さんのVn,独奏用の、「カラオケ」があるんですね。

でも、川井さんほどの表現力・技術力なら、カラオケなんて無くてもいい、って思ったのは、私だけでしょうか。

 

それにしても、彼女のヴァイオリン(当日も、あのストラディヴァリウスをお使いになってたのかな?)から、生み出される音色は、なんとも、綺麗で、力強く、また、優しく、ときに官能的で…ちょっと、私の語彙では言い尽くせませんが(とにかく、CDを聴いてみてください)、期待どおり、素晴らしいものでした。

 

「ヴァイオリンの音色は、人間の声に似ている」なんてことがよく言われますが、

そのとおり、あれはまさしく、川井さんの“歌声”そのものなのですね。

確かな技術に裏付けされた、見事な「歌声」でありました。

 

 

ライブは、最新CD新世界」からの4曲を含む、全8曲が演奏され、アンコールでは「JUPITER」が披露されました。

(ときに、ステージには、譜面は置かれていません。プロの方って、どういう頭脳構造になってるのでしょう?)

コンサートのエンディングに、この、ある意味、最もポピュラーなクラシック、「JUPITER」を持ってくるとは、いい演出ですね。

会場全体を、さまざまな色のライトが駆け巡る中で聴く川井さんの「JUPITER」は、

たしかに、小宇宙に漂っているような、幻想的な感すら、抱かせました。

 

さて、拙ブログにおいての、アクセスNo1は、この「ジュピター」についての小文なのですが、

SAPPARI WAYA: 二つの「ジュピター」。(平原綾香さんと本田美奈子.さん)

 

当日、川井さんの「JUPITER」を聴きながら考えたことは、この音域の広い曲に、果敢にチャレンジされた、平原綾香さん、また、本田美奈子.さんって、スゴイなー、ってあらためて思いました。(え、サラ・ブライトマンさんもですって?いや、そのとおり、まあ、ずいぶんと大勢のアーチストの方がいらっしゃるわけで)

 

 

でも、こういった川井さん独自の「クラシカル・クロスオーバー」路線って、

ひたすら、まっすぐにクラシック音楽を突き進んでいらっしゃる方々から見れば、

どのように映るのかな、なんて考えるときがあります。

 

あるいは、本田美奈子.さんが“クラシック”界(言葉の正しい意味での「クラシック」ではもちろん、ありませんが)に登場されたときも、そういった「とまどい」ないし「違和感」とか、声楽家の方々の間には生じなかったのでしょうか。

 

 

もちろん、小生ごときが、今さら、申し上げることでもないのですが、

 

いつの時代でも、先駆者、革命家は“異端児”扱いされる、それが世の常です。

 

川井さんの、斯界でのお立場は、現在、どういうものなのか、それは存じませんが、聴く人の心に、感動を与え、希望が湧き起こる音楽を演奏されていらっしゃる、ということは、実に、素晴らしいことに違いありません。

 

川井さんには、今後も、ご自身の信ずる道を、進んでいただきたいものです。

 

 

さて、川井郁子さんは、今秋、カーネギー・ホールにて、コンサートを開かれます。

そして、それが、米国デビューのスタート、となるそうなんですね。

 

私が、職場の窓から(←ウソですよー)逃げるようにして、ライブに駆け付けたのは、

そのことに関係して、再度のお願いと、お礼を申し上げるためでもありました。

ディナー・ショー終了後のサイン会で、お話できましたので、大丈夫でしょう。

内容は、「ヒミツ」ということですが(笑)、

ともあれ、川井さんの旅のご無事と、公演のご成功をお祈り申し上げます。

 

川井さんのNY公演ツアーのお知らせです。

      ↓

川井郁子オフィシャル・サイト

ところで、川井さんは、昨年より「川井郁子 Mother Hand 基金」を設立され、日本UNHCR協会評議員を務められたりとか、音楽以外にも、積極的な社会奉仕活動を行っておられるのですね。

言葉で書くのは簡単なのですが、いざ、実行するとなると、大変なエネルギーが要るものなのですよ。

 

本当に、頭が下がります。

「頭を下げるだけなら、簡単だろう」って言われそうなのですが、

川井さんのCDを購入すると、売上の一部が、「川井郁子 Mother Hand 基金」に

充てられ、アフリカの子供たちを救うことになるのだそうです。

 

で、私もささやかな協力をしてきたわけで、…(アホか!)

わけがわからなくなってきましたので、もう、終わりにします(爆)。

 

川井郁子さんの最新アルバムは、「新世界」。

次代の地球を担う、子供たちへの「生命の賛歌」―

これこそが、このCDのテーマです、とライブ当日、川井さんは語っておられました。

新世界(初回限定盤)(DVD付) 新世界(初回限定盤)(DVD付)

アーティスト:川井郁子
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2008/07/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

これまでに発表されたCDの試聴はこちらから。

どのアルバムも素晴らしい、傑作ぞろいです。

      ↓

全曲一覧:川井郁子:音楽ダウンロード・配信サイト ListenJapan  リッスンジャパン 

(おしまい)

-------------------

|

« 芥川龍之介の自筆の遺書、発見さる。 | トップページ | 北野武監督が「拉致」を映画に? »

音楽」カテゴリの記事

本田美奈子.さん」カテゴリの記事

クラシカル・クロスオーバー」カテゴリの記事

コメント

川井さんね(^-^)
ふむふむ おぼえときましょ。。。
なんか ヴァイオリンに縁がある
今日この頃。。。(なぞ)

なんか CDジャケットが 美奈子ぽくない?
(^-^

投稿: きょろちゃん☆ | 2008年8月 7日 (木) 20時24分

>きょろちゃん☆さんへ こんな「わやくちゃ」なブログに、コメントをいただき、有難うございます。

いやー…、おっしゃるように、ジャケ写、なにげに似てますよねー(笑)。
(ってことは…、きょろちゃん☆さん、ヴァイオリン・デビュー…?)

投稿: てんけい | 2008年8月 7日 (木) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あのヴァイオリンこそ、「歌声」そのものです。~川井郁子さんライブ:

« 芥川龍之介の自筆の遺書、発見さる。 | トップページ | 北野武監督が「拉致」を映画に? »