« ひどい話。---橋下府知事と「後期高齢者医療制度」 | トップページ | もうひとつの「韓流」―チェウニさん。 ~Charming Voiceが紡ぐ愛の物語 »

2008年4月23日 (水)

子守歌のように懐かしい歌があります。―「山のロザリア」~スリー・グレイセス

八反安未果(はったん・あみか)さん、とおっしゃる歌手がおられます。

 

 

お名前だけは、知っていました。

 

 

なにしろ、YOKOの“妹分”―同じプロダクション所属なんですよね。

 

 

 

 

ところで、YOKOといえば、いわずとしれた(?)、荻野目洋子さんのことであります。

 

 

私にいわせれば、YOKOこそ、わが国における、

 

 

ダンシング・ポップスのパイオニア的存在」、なのですが、

 

 

それは、さておき、(←えっ?!)

 

 

 

 

その八反さんが、このほど、「山のロザリア」を、カバーされた、

 

 

という記事を新聞で読みました。(といっても、ずいぶんと前のことですが―<苦笑>

 

 

この「山のロザリア」という曲には、私にも、たいそう思い入れがあり、

 

 

どんな歌唱なのか、非常に興味をもった次第。

 

 

 

 

「カバー・ブーム」(?)の今日、ちょっと、聴いていただきましょうか、

 

 

おなじみ、YOU TUBEなんですけどネ。

 

 

http://jp.youtube.com/watch?v=-MDnZF2urAA&feature=related

 

 

 

 

彼女、日テレ系の「夜もヒッパレ」に時々、出てましたっけ?

 

 

歌はもともと、上手な方だと思いますが、

 

 

上に紹介したNHK-TV(「全国、しかも生放送」!)の映像は、

 

 

ご本人、かなり、緊張していらっしゃったのかもしれないですね。

 

 

ブレスの箇所も、ちょっと、変です。

 

 

 

 

ただ、それにしても、

 

 

「違う、ボクの『ロザリア』は、そんなのじゃない」

 

 

というのが、私の第一感でして。(八反さん、ゴメンナサイ)

 

 

この「山のロザリア」をはじめ、昭和の名曲をちりばめた、

 

 

彼女の新作CDが、こちら。

 

 

 

忘れないわ 忘れないわ

アーティスト:八反安未果
販売元:RISING RECORDS
発売日:2007/11/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

 

 

私も、手にとってみましたが、

 

 

全曲を通じての感想として、楽曲そのものの良さに、

 

 

八反さんのvocalが、まだちょっと追いついていない、

 

 

という気がします。

 

 

でも、「歌のチカラ」は有る人ですから、

 

 

YOKOの“妹分”でもありますし、次回の作品が、楽しみですね。

 

 

 

 

 

 

 

そこで、(たぶん、お若い方はご存知ないと思いますので)

 

 

“本家”の「山のロザリア」を聴いていただきます。

 

 

スリー・グレイセス」という、女性三人組のコーラス・グループの歌唱です。

 

(音楽削除しました)

 

 

 

いかがでしょうか。

 

 

作詞は、丘灯至夫先生、原曲はロシア民謡です。

 

 

 

 

曲は三拍子で、各々8小節(合ってる?)から成る、

 

ふたつの旋律の繰り返しという、実に単純な構成の曲なのですが、

 

 

詩もメロディーも、実に綺麗ですから、“飽き”がきませんね。

 

 

私は、この曲を聴いていると、

 

 

なつかしさと、哀感、そして、なんともいえぬやすらぎを覚えるのです。

 

 

歌っておられる、「スリー・グレイセス」の方々も、

 

 

ちゃんとした発声で、しかも、「譜面を初見で歌いこなせる」という、

 

 

いわば「本格派」というか、

 

 

いや、プロならば、それが、当たり前のことには違いないのですが、

 

 

聴いていても、なんていうかなー…

 

 

とにかく“安心感”がありますね。

 

 

 

 

昨今、このような歌手は少なくなりました。

 

 

 

 

“年寄りだなー”なんて、言うなかれ。

 

 

 

 

誰がなんと言おうと、「イイもの」は「イイ」のである!

 

 

(頑固やねー。<>) (おしまい)

 

 

 

 

PS:この「スリー・グレイセス」の方々、近年、再結成されて、活動再開されていらっしゃるんですね。これは、存じませんでした。

 

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000AFOJB/nifty0b5-nif1-22/ref=nosim

 

----------------

 

 

 

 

 

 

|

« ひどい話。---橋下府知事と「後期高齢者医療制度」 | トップページ | もうひとつの「韓流」―チェウニさん。 ~Charming Voiceが紡ぐ愛の物語 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

てんけいさん、おじゃまします。
表題とは関係の無い内容ですみません。
本日、てんけいさんも書き込んでいらっしゃいましたMFW閉鎖の件ですが、私は勢いで安易に軽率なことを書いてしまいまして、反省しております。
私とは違い、さすが、てんけいさんは思慮深い言葉で管理人さんを労っておられました。
てんけいさんを見習わなくてはいけません。
反省、反省(_ _)

投稿: 西日本 | 2008年5月 3日 (土) 20時53分

>西日本さんへ どうもです。
そういえば、私、MFWの頃は、もっぱら、この「どうもです」というフレーズを、多用してましたっけ。

日本語特有の、なんとも、あいまいな言葉なのですが、ネットの場合、「読み手」の方が、その文章に接される時間帯は、まちまちですよね。
私が「どうもです」を使っていたのは、そんな理由からでした。
(西日本さんの「おじゃまします」も、きっとそうなのかなー、なんて、勝手に想像してるんですよ)

閑話休題。
さて、master様も、皆さんのお気持のほどは、よーく、分かっていらっしゃることでしょうから、「反省」とか、おっしゃるほどでもないとは、思います。
西日本さんも、すぐ上の、「たぼさん」「ヒロさん」のレス(=建設的な対策)
を、ふまえてのカキコであったのでしょう。

もちろん、私とて、皆さんがおっしゃいますように、なんらかの形式で、存続願いたいのですが---。

投稿: てんけい | 2008年5月 4日 (日) 11時52分

てんけいさん、お久しぶりでございます

GWは暦どおりでしかもたまに休出もありましたので、近場しか動けなかった日々でした。

「山のロザリア」なんか曲名を聞いたことがあるなぁと思って聴いたら、たしかにどこかで聴いたことのある歌でしたね。
八反さんは少し今風(?)のアレンジで、スリー・グレイセスのみなさんは30年か40年くらい前みたいな歌に思いました。なかなか清らかないい歌い方でしたけど...

MFW閉鎖ですか...たまにROMしてたのですが、そうなると寂しさを感じますね

(p.s.)
とあるところで、ココログブログの顔文字を使ったコメントを見て、私も顔文字を少しだけ使い始めました。
内容の右側の顔文字をクリックすると、テンプレートが出てきますよ

投稿: 石ちゃん☆ | 2008年5月 5日 (月) 17時58分

石ちゃん☆さんへ コメント、有り難うございます。
いや、こちらこそ、ご無沙汰でした。
>私のほうは、GWなんて、「そんなの、関係ねえ!」状態です(泣)。今も、会社ですわー----。
>「山のロザリア」-------いやー、そりゃー、ご存知ないでしょうね-----。いかん、年がバレるっちゃ!(ん?ラムちゃん?)でも、いい歌でしょう?
>MFW-------9年、と一口に言っても、大変なことですよね。オイラも、こんな「わやくちゃな」ブログ、いつ、やめようか、なんて、しょっちゅう思ってますわー。(笑)
でも、できれば、うん、できればですけど、MFWは、続けていただきたいんですけどねー----。
オイラみたいな、「ITオンチ」には、引き受けられないし----(苦笑)。
>顔文字-------そう、オイラ、まず、ほとんどの場合、「顔文字」は使わないですね。
「ええ大人が、そんな子供じみたマネができるかっ!」
なあーんてね。
ん?使ってるやん。(爆)

投稿: てんけい | 2008年5月 5日 (月) 19時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子守歌のように懐かしい歌があります。―「山のロザリア」~スリー・グレイセス:

« ひどい話。---橋下府知事と「後期高齢者医療制度」 | トップページ | もうひとつの「韓流」―チェウニさん。 ~Charming Voiceが紡ぐ愛の物語 »