« 「ネコの恩返し~タマとシロ」 | トップページ | ひどい話。---橋下府知事と「後期高齢者医療制度」 »

2008年3月16日 (日)

「本田美奈子.歌がつないだ“いのち”の対話」----NHK地上波で再放送。

「死ぬ?おれは死なんよ」

竜馬は起きあがった。

「でも、人間はみな死ぬものでしょう?」

「いや、おれも、だんだんこのごろわかりかけてきたのだが、つまりこういうことではないか」

竜馬は自分に話しているらしい。

「大和の三上ケ岳という山は、千何百年か前に、『役の小角』という男がひらいた山だそうだが、その山上に蔵王権現をまつるお堂があって、そこに、役の小角がともして以来、千数百年不滅という燈明がともりつづけている。

人間、仕事の大小があっても、そういうものさ。

だれかが灯を消さずに点しつづけてゆく。

そういう仕事をするのが、不滅の人間ということになる」

(司馬遼太郎:「竜馬がゆく 四」より)

~~~~~~~~~~

多忙につき、ずいぶん、更新をサボッていました。(理由にはならないのですが)

で、本日は、番宣、ならびに、(得意の?)「雑談」です。

もう、皆様、ご存知でしょうが、

2/25に、NHK BS-Hiにて放映された、

「本田美奈子.最期のボイスレター~歌がつないだ“いのち”の対話」

が、もうすぐ、地上波(NHK総合)で再放送されます。

本田さんと、昭和平成を通じての大作詞家、岩谷時子先生との、ボイスレターを使っての、声と心の交流が描かれています。

放送日は、3/2419:30から1時間と聞いています。

1時間超になるかもしれません、ご確認ください)

BS-Hiのときよりも、編集されたのでしょう、若干、短くなっているようですが、こんなに早く、再放送されるとは、いい意味で「予想外」でした。

私は、運良く、BSにて観ることができましたが、

まだ、御覧になられていない方は、是非とも、観ていただきたいですね。

 

さて、番組を観ながら、きっと、一人一人が、さまざまな思いを持たれたことでしょう。

ご自分の経験、また、人生と照らし合わせながら観ていくわけですから、

100人集まれば、100通りの感想が生まれて当然のことです。

私も、鑑賞しつつ、いろいろなことを、考えてしまいましたが、

真っ先に、感じたことは、

 

「人間って、あんなに強くなれるものだろうか。
 人間って、あんなに優しくできるものだろうか。」

 

と、いうことでした。

まあ、3/24の放送を御覧になって、ひとりひとりが、ご自由に感想をお持ちになることでしょうが―

ときに、「一言多い」てんけいとしては、少々、言いたいことがあり、(苦笑)

番組メイン・タイトルの「最期のボイスレター」というフレーズが、どうにも気に入らないのです。

あまりに、感傷的に過ぎます。

このボイスレターは、決して、「最期」などではなく、

「明日」へと希望をつなぐ、「命のリレー」なのです。

お二人のボイスレコーダーのやりとりを拝見していて、そう、思いました。

「命のリレー」というと、天才:中島みゆきさんの、同名の歌を思い出さずにはいられません。

~~~~~~~~

ごらん 夜空を 星の線路が

ガラスの笛を吹いて 通過信号を出す

虫も獣も 人も魚も

透明なゴール目指す 次の宇宙へと繋ぐ

この一生だけでは 辿り着けないとしても

命のバトン掴んで 願いを 引き継いでゆけ

(中島みゆき作詞・作曲「命のリレー」より)

~~~~~~~~

番組の作りは、おおむね、好感が持てましたが、

私なら、よりドキュメンタリーな手法で、構成したと思います、―

いや、再放送前に、こんなことをとやかく言うこと、要らないですよね。

ともかく、ご覧になっていただきたい―

 

でも、本田美奈子.さんがいちばん喜ばれるのは、より多くの人が、彼女の音楽に触れていただけることでしょう。

 

私は、そう、思っています。

で、例によっての、CDのご紹介です。(おしまい)(文中一部敬称略)

本田美奈子.クラシカル・ベスト~天に響く歌~(DVD付) 時 AVE MARIA

|

« 「ネコの恩返し~タマとシロ」 | トップページ | ひどい話。---橋下府知事と「後期高齢者医療制度」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

本田美奈子.さん」カテゴリの記事

コメント

てんけいさん、おじゃまします。
私の家ではBSは見ることが出来ますが、BS‐Hiを見ることが出来ないため本日初めて見ました。

番組を見終わって、20:45の地方のニュースが流れている間、放心状態になっていました。
ボイスレターに依る岩谷先生との対話は『天使になった歌姫』でも一部見ることが出来ますが、私的には『天使になった歌姫』よりも番組として〔重厚〕な印象を受けました。
岩谷先生との心の交流が半分と美奈子さんの辛い闘病生活が半分という感じです。
番組の中で流れていた数曲のアカペラは、高杉社長のお嬢さんが仰っていたように、〔魂の歌〕であり、歌を極めた人だけが到達できる領域だと思いました。
とにかく、まだボーッとした状態で、DVDに撮りましたので、これから折に触れて見ることになると思います。

投稿: 西日本 | 2008年3月24日 (月) 22時30分

西日本さんへ こんばんは。

番組の余韻に浸る間もなく、このような拙文に、コメントをいただき、本当に有り難うございます。

「わたしは、やるだけやったよ。
今度は、キミたちの番だね----」

なんて言葉が、聞こえてくるような気がします。

投稿: てんけい | 2008年3月25日 (火) 18時58分

てんけいさん、こんにちは、
何度かコメント送信したのですが、
上手く送れていないようです。
ダブっていたら、ごめんなさい。

先日は、当方のブログへ暖かいお言葉
ありがとうございました。

残念ながら美奈子さんのこの番組は
観られませんでいた。
彼女の強さ、優しさには、いつも関心
させられます。
とても、まねできないなと、・・・

それはそうと、当方のブログにちょっと
おもしろいネタを載せましたので、
良かったら、遊びにいらして下さい。

投稿: しるびあん | 2008年4月18日 (金) 17時46分

>しるびあんさんへ
コメント、有り難うございます。
(いいえ、ダブッてはいませんので)

回復されたのでしょうね。なによりです。
貴ブログ、拝見しました。歌も、聴かせていただきましたよ。
当方、オンチにつき、歌のお上手な方は、うらやましいです。

音声ファイルのアップにも成功したので、
初音ミクさんにギャラを払って、歌ってもらおうかな----(笑)

投稿: てんけい | 2008年4月18日 (金) 18時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「本田美奈子.歌がつないだ“いのち”の対話」----NHK地上波で再放送。:

« 「ネコの恩返し~タマとシロ」 | トップページ | ひどい話。---橋下府知事と「後期高齢者医療制度」 »