« 橋下新大阪府知事にエール。―「大阪ぐらし」~フランク永井さん。 | トップページ | またまた、倖田來未さんにエール。 »

2008年2月15日 (金)

倖田來未さんにもエール。

オイラ、だいたい、忙しいんだから、今回の、倖田さんの「事件」なんかに、かかわってる、ヒマはないっちゅうの。(←ホント?)

まあ、ちょこっと、JIROさんのほうに、投稿いたしましたので、

JIROの独断的日記ココログ版: 人や物事は、様々な観点から評価するべきである。

それで、いいか

と、思ってましたら、

「『橋下知事にエール』なら、同じ関西出身の倖田さんにも『エール』を送らんかい」

と、まあ、知人に脅迫、いや、そそのかされたわけで。

ただね、具体的内容もよく知らないし、かといって、別にそんなの知りたくもないし、(爆)

まあ、前から言ってるけど、

「話し言葉」を「書き言葉」に置き換えると、ニュアンスが変わってしまう場合がある。

また、会話の前後の流れも、無視できないでしょ。

どういう、脈絡で、そのコトバが出てきたか。

声の抑揚は、また、そのときの表情はどんなだったか、とか。

一部の、フレーズだけを、切り取ると、とんでもないことになったりするよね。

吉本の若手の漫才など、ときには、もっとヒドイことを言ってるよ。

「お笑い芸人」ならOKで、「歌手」が言ったら、NGですか?

紳竜、ツービートの漫才のネタ、いや、そこまでさかのぼらなくても、

先般、ブームになった、綾小路きみまろさんの、漫談を、文字にして書き写してごらん。

結構、ヒドイこと、言ってる。

そうでなくても、「オマエの脳ミソは、腐ってるのか?」なんて、言葉はウチの会社では、常用だよ。(あまり、「上等」の会社では、なかったか、失礼!)

それに、JIROさんもおっしゃってるように、「人物の一面的評価」は、絶対に、避けなければならない。

人間ってのは、そんなに「単純」ではないはず。

で、フジTVの、釈明会見で、局アナが、

「本当に、そう、思ってたのですか?」と、倖田さんに訊いたって----

男性アナか、女子アナか知りませんが、

(女子アナかな、最近、頭脳レベルが低いのが多いから----、あ、これも失言か?まあ、いい、ホントのことですから)(爆)

その、インタビュアーに、

 

「本当に、そんなこと、倖田さんに訊いたの?」と、私は、逆に訊きたい。

 

アホ!ハタチも過ぎて、本人も結婚を考えてる(たぶんネ)女性が、そんなことを信じてるわけ、ないでしょうが!

マネージャーに言った言葉だそうですね、「家族」「親友」の次に、最も身近な人物だもの、それくらいの「ギャグ」なんて、誰だって言うでしょう。

さらに聞けば、その番組、「生放送」ではなく、「録音」だったとか。

オイラが、その番組のディレクターでも、カットせずに、オン・エアしてるかもしれないね。(「ディレクターの責任はどうなる?」だって?そんなこと、知らない)

 

まあ、ちょうど、1年前の、柳沢元厚労相の「問題発言」よりも、はるかに、罪がない、と私は思ってます。(ホラ、「ナントカの機械」ってやつ)

柳沢氏のは、ほぼ、ホンネに違いない、と私は踏んでるんですけどね。(爆)

CM自粛とか、ライブの予定がどうとか、大変なことになってるらしいけど、

そこまで、やるかなあ----

とにかく、ライブはやってほしいよね、何ヶ月も前から、ファンは、チケット(それも、「プラチナ」!)を握って待ってるんだもの。

そこで、倖田さんへ。

めげずに、がんばってね!

 

そうそう、あちらにも書いたけど、倖田さんって、ホントに、歌がうまい。

みんな、どうしても、彼女のファッション、パフォーマンスに、目がいくけど、

(オイラもだよー)

歌唱力は、群を抜いています。実に、立派なものです。

(クラシック、声楽に非常にお詳しいJIROさんも、認めてらっしゃいますので、ホントです。)

ところで、今回のこと、倖田さんの「敵陣営」が仕掛けたコトじゃないか?と見るむきもありますが、----さあね。(謎)

倖田さん、いっそ、日本なんか飛び出して、米国へでも、進出したらどう?

アメリカ進出した歌手は多いけど、-----むむ、今、名前が浮かばない。(爆)

ピンク・レディーとか、えーと、最近では、宇多田ヒカルさんとか。

ただし、アメリカのショー・ビジネスで成功する要件は、以下のごとく。(私見ですよー)

1.歌唱力が備わっていること。

2.英語の発音がちゃんとできて、歌えること。

3.Sex Appealを、しっかり表現できること。

ピンク・レディーは、おそらく、----3つとも、ダメ。(素人の言うことですよー)

「ヒッキー」(宇多田さん)の場合は、1、2はOK、でも、3.で「アウト」じゃあ、なかったでしょうか。

倖田さんは---2.さえクリア出来れば、バッチリ、でしょう!

 

「ピンチはチャンス」です、倖田さん、この際、

こんな、ややこしい場所から、抜け出して、アメリカに目を向けては!

狙うべきは、来年の「グラミー賞」だーっ!

 

(遅くなったけど、「エール」、送りましたよ。Sさん、これで、いいですか?)

長文、乱文、妄言多謝。   (おしまい)

Kingdom(CD+DVD2枚組)

|

« 橋下新大阪府知事にエール。―「大阪ぐらし」~フランク永井さん。 | トップページ | またまた、倖田來未さんにエール。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

てんけいさん、こんばんは。倖田來未さんの発言の「文脈」を知りたいと思い検索したら、案の定YouTubeに音声だけですが載ってました。↓
http://jp.youtube.com/watch?v=ycWLzsL6mko

これ聞いて、「女性を侮辱」したとか、大袈裟ですよ。ウチのカミさんは、「別に何とも思わないけど?」と言ってました。これが問題なら、昔のオールナイトニッポンのビートたけしなんか1万回ぐらい謝罪しなければならなくなります。

何しろ、女性の固有名詞を出して、「あんなブタみたいの、ダメだ」(結構有名な作家)てなこと平気で言っていましたからね。

投稿: JIRO | 2008年2月16日 (土) 01時40分

てんけいさん、おじゃまします。
倖田來未さんにしても、柳沢元大臣にしても、話の途中で出てしまった言葉であり、私もてんけいさんのご意見に賛同します。
倖田さんは、〔羊水腐敗について〕、柳沢さんは、〔子供製造装置について〕大講演会を行なわれたのならともかく、そうじゃないでしょう!。他人の言葉じりを捉えて難癖をつけてくる人たちの方が問題ありです。その様な人たちに言いたい 「 あなた方は失言をしたことがないのですか。 あなた方には欠点というものがないのですか。 」と。

30年ほど経つのでしょうか。さだまさしさんの〔関白宣言〕の歌詞にジョン・シェパードさん(千さんの元妻)が怒りをあらわにしておられましたが、当時、「なぜ、ラブソングだということがわからないのですか、シェパードさん。」と私は思っておりました。

____________________

てんけいさんの仰います、〈アメリカのショー・ビジネスで成功する3つの要件〉を満たしている女性がいらっしゃいます。(過去形は使いたくありませんが いらっしゃいました。)その女性の名前は、 …… 言わせないで下さい。

投稿: 西日本 | 2008年2月16日 (土) 17時27分

>JIROさんへ こんばんは。
かような、「ハチャメチャ」な一文に、コメントをいただけるとは、思ってもおりませんでした。本当に、恐縮しております。

サイトのご紹介、有り難うございました。あわせて、TVの「釈明会見」の様子も、見ましたが、うーん、----倖田さん、やっぱり、「ノット・ギルティ」と思いましたが。

投稿: てんけい | 2008年2月17日 (日) 20時22分

>西日本さんへ こんばんは。
いやー、---拙文にコメント、本当に有り難うございます。
「言葉」って、よくよく気をつけなければならない、と私も思っていますが、
上の記事も、結構、問題個所があるかも。(苦笑)反省、反省。

そうですね、「あの人」ですか。今頃ならば、たぶん----1年の半分くらいは、海外で活躍なさっているのでは----そんなことを、考えてしまいます。

投稿: てんけい | 2008年2月17日 (日) 20時24分

てんけいさん、再度おじゃまします。
そうですね、美奈子さんは(シマッタ!名前言っちゃった。)海外進出が本格化している頃でしょうね。
ニュー・シネマ・パラダイスの動画でも見てから寝ます。
ではまた。

投稿: 西日本 | 2008年2月18日 (月) 00時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 倖田來未さんにもエール。:

« 橋下新大阪府知事にエール。―「大阪ぐらし」~フランク永井さん。 | トップページ | またまた、倖田來未さんにエール。 »