« 「火垂るの墓」は、「あとがき」を読むこと。 | トップページ | 夢じゃなかった----。 »

2007年10月 5日 (金)

この季節。(6)「九月の色」

前記の「火垂るの墓」も、そうでしたが、当初の予定より、約2週間くらい、記事のアップがずれ込んでしまいました。

もう、10月ですからねー(苦笑)。

それでも、気にしないところが、「さっぱりわやくちゃ」のイイところです。(笑)

 

ただし、今年の9月は、暑かったですよねー!

「いったい、日本の気候はどうなるんだろう?」って、みなさんも、真剣に思われたことでしょう。

 

去る、2月に、

SAPPARI WAYA: この季節。(3)「Climate Security」(つづき)

において、

 

「温暖化」というから“生ぬるい”。日本についていえば、「亜熱帯化」(!)ということだ。

 

などと、私は書きましたが、どうも、わが国は、近い将来、「亜熱帯気候」になっていきそうですね。

 

と、なると、巨大台風の襲来とか、干ばつ、また、未知のウィルスによる伝染病の発生とか……、いいこと、ひとつもありゃしない。

“脅迫”はさておき、(半分はマジ、ですよ)季節感のまだ残っているうちに、本題に戻りましょう。

 

9月に入ったとたんに、太田裕美さんの「九月の雨」を、ラジオなどで聴かれた方も多いと思いますが、

(「九月の雨」は、昨年9月に取り上げました)

今回、ご紹介する、この久保田早紀さんの「九月の色」は、残念ながら「九月の雨」ほどには、「メジャー」ではないような気もします。

でも、とても、美しい曲で、私の“お気に入り”なのです。

 

太田さんの「九月の雨」は、作詞:松本隆、作曲:筒見京平、というヒットメーカーの手になる作品ですが、

九月の色」は、久保田さんの作詞、作曲によります。そう、彼女は、「シンガーソングライター」なんですね。

 

ところで、久保田さんの代表曲は、なんといっても、「異邦人」。(この曲も、久保田さんの作詞、作曲です)CMにも使われて、大ヒットしました。この歌、ごく最近も、TVCFで再登場していました。実際のところ、「異邦人」以外には、ヒット曲にめぐまれなかったようですね。

そこで、世間では、彼女のことを“一発屋”と見る向きもありますが、どうしてどうして、それは、失礼な言い方でしょう。(でも、ホントは、“一発屋”って、スゴイんですよね。“一発”すら出ない歌手が99%なのですから)

 

九月の色」と聞いて、ピンと来ない方でも、

 

[雨の歌は 恋の歌-------]

 

という、“サビ”のフレーズの詞を聞くと、

“ああ、あの歌…!”と思い出される方も多いのではないでしょうか。

切ないけれど…、さわやか、ですね。

久保田さんの歌声も、きれいでしょ?

日本の秋に、ピッタリ、という気がしますが、いかがでしょうか。

 

試聴はこちらから。

Sony Music Online Japan : 久保田 早紀 : CD & DVD THE BEST 久保田早紀 シングルズ

いかにも、久保田さんの溢れる「才気」を感じさせる、秋の名曲だと思います。

(彼女、現在は、クリスチャンとして、音楽活動をされている、ということを聞いたことがあります。詳しいことは存じません。<爆>)

--------------------

CD&DVD THE BEST 久保田早紀シングルズ(DVD付) CD&DVD THE BEST 久保田早紀シングルズ(DVD付)

アーティスト:久保田早紀
販売元:ソニー・ミュージックダイレクト
発売日:2005/06/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

|

« 「火垂るの墓」は、「あとがき」を読むこと。 | トップページ | 夢じゃなかった----。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

てんけいさん、おじゃまします。
太田裕美さん。久保田早紀さん。
懐かしさを感じました。…と申しましても、太田さんは今でもコンサートで歌っていらっしゃいますし、久保田さんも10年ほど前の週刊誌に教会のオルガン奏者をなさっていると書いてありましたので、おそらく音楽と繫がっていらっしゃると思います。
太田さんの〔九月の雨〕と竹内まりやさんの〔セプテンバー〕は以前は9月になると流さなければいけないようにして放送されていましたが、数年前からはあまり聞こえてこなくなったような気がします。
私は美奈子さんが女性ヴォーカリストナンバーワンと思っていますが、1985年より前には太田裕美さんと八神純子さんの曲を好んで聴いていました。〔九月の雨〕が収録されている〈コケティッシュ〉のLPレコード(古い!)も持っています。
久保田さんの〔異邦人〕は学生時代、寮の食堂のテレビで何度も仲間たちと見ていました。(当時、ほぼ毎日、どこかの局で歌番組が放送されていました。)
しかし、〔九月の色〕は知りませんでした。
上記の試聴ページで聴いてみました。美しいメロディーですね。このような埋もれてしまっている曲(久保田さん、失礼!)が数多く存在しているのはもったいないと思います。

投稿: 西日本 | 2007年10月 7日 (日) 02時05分

西日本さんへ コメント、有難うございます。

私の場合、「九月の雨」「セプテンバー」、ともに、今年も、ラジオより聴くことができました。
それにしても、太田さんにせよ、竹内さん、八神さん、また久保田さんもですが、ざっと、20年(いや、もっと、かな?)ほどでしょうか、第一線で走り続けているって、スゴイことですね。

「九月の色」----お気に召していただけましたか。私も、嬉しいです。

投稿: てんけい | 2007年10月 8日 (月) 04時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この季節。(6)「九月の色」:

» 久保田早紀 その魅力 [久保田早紀]
久保田早紀さんの素敵なところは、その立ち振る舞いにあると私は思っています。ただ可愛いだけで、そこいらのオジサンのような女性が多いのは目を覆いたくなります。しかし、久保田早紀さんには品があり、普通の若い芸能人とは天と地ほどの差があります。そして、久保田早紀さんのスタイルは鼻血ものなことに私は気付きました。今までそういう目で見ていなかったからでしょうか。久保田早紀さんのスタイルがこんなにも魅力的だとは。それには久保田早紀さんの素敵な髪型が一役買っています。女性の雰囲気は髪型で決ま...... [続きを読む]

受信: 2007年10月13日 (土) 12時20分

« 「火垂るの墓」は、「あとがき」を読むこと。 | トップページ | 夢じゃなかった----。 »