« 平原綾香さんのライブIN神戸。<その3>――罪ほろぼし。(実践編) | トップページ | 「花 火」 »

2007年7月16日 (月)

平原綾香さんのライブIN神戸。<その4>――罪ほろぼし。(実践編)

(前回よりのつづきです)

 

§平原さんとJUPITER」。

 

筆者は、コンサート以降、あらためて、平原さんの「JUPITER」を聴いてみたのですが、“ブレス音がどう”とか、“最高音がどう”とか、いや、それも、プロ歌手ならば、当然、クリアすべき課題なのですが、それ以上に、聴く人の心を打つ力を持っている、ということは、素晴らしいことだと感じました。

全曲一覧:平原綾香:音楽ダウンロード・配信サイト ListenJapan 【 リッスンジャパン 】

 

 デビュー曲では、「JUPITER」を歌いたい、ということを、平原さん自身が希望されたらしいですね。最近、聴き直していて、ふと、思ったのですが、

 

“平原さん、あとさき考えずに、この歌をレコーディングしたのではないか。

『とにかく、この歌に挑戦したい』、と思ったのかも”

 

 そんなことを、私は、想像してしまいました。

 

技術よりも、まず、人の心に届くこと―

 

JUPITER」の発表にあたり、それが、彼女の最大の眼目ではなかったでしょうか。

平原さんのその熱い想いは、たしかに伝わってきます。それは、断言できます。

 

現に、新潟中越地震に遭われた、何千人、また、何万人(全国でいえば、もっともっと大勢の人々)という方に生きる勇気を与えたという事実、この1曲だけで、もう、平原さんは、「歌手」という職業を選択した“責任”の大半は、既に果たした、と言えるでしょう。(いや、彼女には、これから何十年も活躍していただかねばなりませんが)

 

 そして、JUPITER」によって支えられた多くの人々の心が、今度は、逆に、平原さんを自信づけ、成長させたに違いない――私は、そう、想像しています。

 

 そして、彼女は今後、どのような成長をつづけていくのでしょうか。将来が、非常に楽しみな歌手のひとりですね。

            

さて、話のついでに、あと、ひとつだけ……

 

§なんといっても、平原さんの「走り」には癒されちゃいましたー。

 

最初に書いたように、私の座席は2階のやや右寄り、平原さんの控室は、舞台下手にあるらしく、そちらへ帰っていく様子を、公演中に1回、そして、アンコールを終えた後にも1回、と計2回見られたのですが、そのときの、平原さんの「走り方」がなんとも…いや、これは、表現できません(笑)。

 

とても、あれは、20歳過ぎの女性の走り方ではない。(爆笑)

 

 どう、言ったらいいのか、学芸会を終えた、幼稚園児くらいの児童が、母親のもとへ駈けて帰っていく、そんなカンジかなー。

 いや、これ、私だけではないハズです、私の右隣には、中年の、いや、妙齢の女性がお二人、おられたのですが、彼女達も、2回とも「クスッ」と笑っていましたよ。

 

 あの「走り」は素晴らしかった……。癒されましたー……。(大爆笑)

 

さて、平原さんの“正体”は、見極められたのでしょうか

正直なところ、まだ、よくわかりません。というより、次の“進化”に注目したい思いがあります。

 

 ボサノバ歌手の大御所、アストラッド・ジルベルトさんは、いうならば、“ヘタウマ”の代表格ですが(彼女のファンの皆さん、ゴメンナサイ!)、コンサートに行くまでは、平原さんにも、ちょっぴり、そんなイメージもありました。 が、それは、違っていました。

 

もっともっと、上手くなる余地はありますが、少なくとも、“ヘタウマ”ではない。声も、よく出ています。昨年の『4つのL』コンサートよりも、声はしっかりとしていたように、私には思えました―といっても、『4つのL』はDVDで観ただけですが―。

 

前にも書きましたが、(甚だ、主観的な言葉になって恐縮です)

 

「人の心に届く歌を歌える」―これは、素晴らしいことです

 

“ユーミン”こと、松任谷由実さんが、平原さんについて、

 

「神様から、もらった才能だよね」

 

と、語られたそうです。当初は、“社交辞令”かとも思っていましたが、いやー…

この頃は、だんだんと、私も、そんな気持になってきました…。

 

  9月に開催予定の、大阪のコンサートでは、お姉さんのaikaさん、それに、父君のサックス・プレーヤー平原まこと氏や、故・宮川泰先生の御子息、宮川彬良氏との共演だそうです。今回以上に、アット・ホームなライブが期待できそうですね。

 

 “これは、やはり、行ってみなければなるまい”―そのように、考えているるこのごろです。

 

 

 

―なんといっても、あのアット・ホーム感を、再度味わってみたいですし、それに……

 

できることなら、あの「癒しの走り」を、ぜひとも、もう一度見たいものです。(爆)

 

ライブで、歌を一曲も歌わなくても、あの「走り」が観られるのなら、私は、行きます。出来れば、ステージに出ておられる間中、ずっと、走っていただきたいと思うのですが。(大爆笑)

 

またまた、罪ほろぼしになってない。)      ―了―

 

*今回の記事は、筆者の独断と偏見、想像と空想が凝り固まったものであります。

 平原さんご本人、また関係者の皆様、ファンの方々へ、乱文及び妄言多謝。

-----------------------------

 *新潟県中越沖地震により被災された皆様へ、心よりお見舞い申し上げます。

                            (2007/7/16 てんけい)

-----------------------------

|

« 平原綾香さんのライブIN神戸。<その3>――罪ほろぼし。(実践編) | トップページ | 「花 火」 »

音楽」カテゴリの記事

クラシカル・クロスオーバー」カテゴリの記事

平原綾香さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平原綾香さんのライブIN神戸。<その4>――罪ほろぼし。(実践編):

« 平原綾香さんのライブIN神戸。<その3>――罪ほろぼし。(実践編) | トップページ | 「花 火」 »