« まっすぐに、線を引く。 | トップページ | 「夜汽車」 »

2006年10月24日 (火)

なくしてはならないもの。

1022日記

 人間を長くやっていると、大事なものをなくしたり、忘れてしまったりするものだ。昨夜、あるTV番組のビデオを観た。2004,5.14放映の「誰でもピカソ」の録画である。

 いうまでもなく、岩谷時子といえば、わが国の作詞家の大御所中の大御所である。岩谷氏と本田美奈子.さんとの出逢いは、1992年、本田さんがアイドル,ロックを経て、ミュージカルに転向したときからである。

 岩谷氏から本田さんに手紙が来ている、ということは知らされてなかったのだろう。本田さんはかなり、驚いている様子だった。以下、岩谷氏の手紙を、一部引用する。

「美奈子ちゃんへ  (前半略)

 小さな幸せに 気付く心を 常に持っていること

 そして どんなときにも 感動する心を 忘れないこと

 あまり 急がないこと

 ゆっくり 一歩一歩 確かめながら 自分の目的に向かって 歩くこと

 (中略)

 生きることは 素晴らしいことです

 大事業だけど 一生懸命生きて いい女になってください

 本物の歌は 40歳を過ぎてから 

きっと 力まず 自然に歌えると 思います

 ひとつひとつに 感動する心を忘れず 頑張ってね  (後略)」

 ナレーションの間、本田さんは、じっと一点を見つめたまま、手紙の一言一句に、まるで幼い少女のように、大きく、何度も何度も、うなずいていた。

岩谷氏は、本田さんに巡り会ったとき、氏ならではの慧眼で、こう思ったはずである。「大スター・越路吹雪を追い越せるのは、このコしかいない―」岩谷氏の予感は的中した。ミュージカルでの活躍、そして、『AVE MARIA』でクラシック声楽に挑戦、絶賛を博する。さらに、「美奈子クラシック」の集大成、アルバム『時』を200411月にリリースしたのだ(文字どおり、これが彼女の遺作、となった)。

「本物の歌は 40歳を過ぎてから」という岩谷氏の言葉にもかかわらず、運命は本田さんにその時間を与えることはなかった。20051月、彼女の身に病(急性骨髄性白血病)が発覚する。闘病は約10ケ月にも及ぶが、天命により、彼方の国へ召されていったのは、皆様も御承知のとおり。享年38歳。あまりにも早世である。

手紙には、岩谷氏の彼女へ寄せる想いが、ひしひしと感じられる。そして、これは、本田さんに宛てただけのメッセージではない。我々は、日々の生活に追われ、どこかに置き忘れてしまいがちだが、決して無くしてはならないものがあるのだ

また、本田さんの恩師を慕う念が、画面を通して、私にも伝わってくる。岩谷氏の手紙の朗読の間中、氏の一言たりとも、聞き漏らすまい、として、じっと耳を傾けていた、あたかも、修行僧のような彼女の横顔、しかし、同時にそれは、その後の本田さんを知る我々にとっては、正視するのも辛い映像だった。手紙が読み終えられた後、よほど、嬉しかったのであろう、彼女の眼に光るものがありました……すみません。もう書けません……

                       (以上、10/22記)

1日たって、読み返してみました。たいして良い文ではない。拙文をお読みになった方は、なんのことか、よく分からないでしょうね----。小生のこのブログの右サイドのタテの列、黄色い文字の「ココログ」のロゴマークの下にある、「順伊の部屋」をお奨めさせてください。まるで、宝石のような、“コトバのきらめき”に出会えます。そして、私の申し上げたかったことが、御理解いただけると思います。

    ↓

順伊の部屋: 淡い色の夢たち

さて、例によって、アフィリを貼りますが、こんなの、使う必要ありません、CD店なら、たいてい置いてますし、じきに取り寄せもしてくれます。

時 Music

アーティスト:本田美奈子.
販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:2004/11/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

AVE MARIA Music AVE MARIA

アーティスト:本田美奈子
販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:2003/05/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この項、「ひろさん」様にとてもお世話になりました。厚くお礼申し上げます。

本田美奈子.さんについて、より詳しくお知りになりたい方は、「ひろさん」様のHPを御覧下さい。

    ↓

本田美奈子. 375.歌姫伝説

------------------------------------------------------------------------

|

« まっすぐに、線を引く。 | トップページ | 「夜汽車」 »

音楽」カテゴリの記事

本田美奈子.さん」カテゴリの記事

クラシカル・クロスオーバー」カテゴリの記事

コメント

岩谷さんの美奈子さんへの手紙、とても美奈子さんへの想いがあふれた、とてもいいものですね。
私はこの誰ピカを見たことがなくて、このブログで初めて拝見いたしました。

出逢いのすぱらしさ、ご縁のありがたさを感じさせてくれるお話をありがとうございます。
「出逢い」と「ご縁」このフレーズ...さる方の受け売りで使ってしまってますが、気に入ってます。いい出逢いといいご縁は心を満たし、いい生活をし...私はまだまだですが...(汗)

忙しさと疲れにかまけて、いろんなことを忘れがちになってしまいますが、心からのものに触れたときの感性は大事にしたいと思います。

投稿: 石ちゃん☆ | 2006年10月24日 (火) 22時21分

石ちゃん☆さんへ そうですね、人間は一人では生きていけませんものね。(私の場合)分かっていても、実行できないことが多過ぎます。
「さる方の受け売り」----あ、倉田まり子さん!おいくつになられても、ステキな女性って、ああいう方のことでしょうね。

投稿: てんけい | 2006年10月25日 (水) 13時04分

この間、本田美奈子さんのアメージンググレイスを聞きました。
とても素敵な声で歌っていらっしゃり、元気が出てきました。
こんなすばらしい歌手を亡くしたことは残念なことですよね。
一ついいお話があるので紹介させてください。メキシコには三つの死があるそうです。
一つは肉体の死、もう一つは心の死、そして精神の死だそうです。
本田さんの肉体はもう地球という場所にはありません。しかし彼女の心と精神はまだ彼女の残した歌の中に残っています。
私達が彼女のことを覚えている限り、彼女は永遠に生き続けることができるのではないでしょうか?
長くなってすみません。
P.Sブログを紹介してくださったのですね。ありがとうございます。とてもうれしいです。

投稿: 順伊 | 2006年10月31日 (火) 20時36分

順伊さんへ 素晴しいお話をご披露いただき、有り難うございました。
本田さんは、いわゆる、「タレント」から、ついに芸術家の域にまで上りつめられた、非常に稀有な方である、と思っております。あのような声楽的技術を会得するまでには、我々の想像を絶する御努力をなさったことでしょう。
「人生は短し 芸術は長し」-------順伊さんのおっしゃるように、本田さんは、今、「永遠の生命」を授かったのかもしれませんね。

投稿: てんけい | 2006年11月 1日 (水) 19時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なくしてはならないもの。:

» 本田美奈子 [どーでも動画【youtube】]
200年以上前の歌:AMAZING GRACE。本田美奈子 白血病。享年38歳。嬉しいとき・悲しいとき「歌」があった・・。 [続きを読む]

受信: 2006年10月25日 (水) 18時28分

» 【本田美奈子】福山雅治がカバー [上野樹里【上野樹里画像・動画・のだめカンタービレ】]
追悼シングル「wish」→ [続きを読む]

受信: 2006年10月31日 (火) 15時40分

» 本田美奈子「彼女の生きた証を忘れない…」 [YouTube(ようつべ)動画スポーツ・芸能ニュース]
38歳にして逝ってしまった本田美奈子さん。白血病との闘い挑んだ本田美奈子さん。本田美奈子さんの生きた証を私たちは忘れない。★本田美奈子 公式サイト★本田美奈子 関連グッズ★日本骨髄バンク★YouTube(ようつべ)動画スポーツ...... [続きを読む]

受信: 2007年1月12日 (金) 06時00分

« まっすぐに、線を引く。 | トップページ | 「夜汽車」 »